1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. モバイル・アプリ

「新料金プランの220円値下げ」や「キャリアの端末販売」の狙いは? イオンモバイルに聞く

ITmedia Mobile / 2021年10月14日 6時5分

写真

音声卸から接続に変更されたことで、さらなる値下げが可能になった

 イオンモバイルは4月に導入した新料金プランを、220円(税込み、以下同)値下げした。値下げが適用されたのは10月1日から。ドコモ回線に関してはオートプレフィックスも導入して、標準の電話アプリ経由での通話が原則として「イオン電話」と同じ扱いになった。料金は30秒11円で、ユーザーにとってはアプリを問わずに半額で通話できることになる。同社によると、値下げの原資はイオンモバイルを支援するMVNEが、ドコモとの契約を音声卸から音声接続に切り替えたのが値下げの理由だという。回線を借りるコストが下がった分を、ユーザーに直接還元した格好だ。

 こうした通信サービスの値下げに加えて、同社は端末販売にも新たな仕組みを導入している。10月1日にSIMロックが原則として禁止になるのを見越した動きで、キャリア端末とイオンモバイルの回線のセット販売を店頭で訴求していくという。イオンが各キャリアの代理店としてショップを運営しているからできた仕組みで、端末の単体販売を利用する。MVNOの多くは独自にメーカー端末を調達して販売しているが、大手キャリアと比べ、ラインアップは限定的だった。キャリアモデルを販売することで、この“穴”を埋めていく方針だ。

 一見すると“奇策”にも思えるイオンモバイルの戦略だが、同社はどのような考えでこのような料金プランや販売手法を採用したのか。イオンリテールの住居余暇本部 アプライアンス商品部 モバイルユニット ユニットリーダーの河野充宏氏、同 イオンモバイル商品マネージャーの井原龍二氏が疑問に答えた。

●原価が下がった分、ユーザーに安く提供する

―― 10月から料金を220円値下げします。まず、その背景をうかがっていきたいと思います。

河野氏 9月10日にMVNEとドコモの間での音声通話の仕入れが、「卸」から「接続」に変わりました。その結果として基本料が下がり、MVNEからMVNOへの音声基本料も変更になりました。これを受けて、私どもも料金値下げを発表しています。私どもは4月1日に値下げをしていますが、10月1日からの料金がもともと実現したかった価格です。昨年(2020年)の暮れ前から、ずっとMVNEとは交渉を続けてきましが、ようやく私どもが希望しているところまで卸価格が下がっていきました。

 その(コスト削減による)ため、料金値下げでわれわれの利益が減るということもありません。売り上げは思い切り減ってしまいますが、減収微増益ということになるかと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング