1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. モバイル・アプリ

「端末としての利益はほぼ出ない」 トーンモバイルが約2万円で5Gスマホを提供する狙い

ITmedia Mobile / 2022年6月22日 8時5分

写真

ドコモショップで取り扱われることで、トーンモバイルの取り扱い店舗は飛躍的に増加した

 2021年12月にドコモのエコノミーMVNOに参画したトーンモバイルだが、サービス内容はその後も矢継ぎ早に進化させている。2022年2月には、当初iPhone用だけだったサービスをAndroidにも拡大。トーンモバイル自身が手掛ける端末を、取り次ぎ販売で提供することで、もともと同社が得意としていた垂直統合型のサービスを実現した。そんなトーンモバイルが、新たに投入したのが5G対応モデルの「TONE e22」だ。

 TONE e22は、6.67型のフルHD+ディスプレイを搭載したミッドレンジのスマートフォン。プロセッサには、MediaTekの「Dimensity 700」を採用しており、レスポンスも向上させた。メインカメラのセンサーは4800万画素。ワイヤレス充電にも対応する。トーンモバイルが得意とする独自のソフトウェアも、TONE e22に合わせてアップデートしており、同社の端末をハブにしてファイルを交換できる「OneDrop2.0」を内蔵した。

 さらに、「5G時代のスマホ生活を先取りできる実証実験」として、「TONE Labo」を開始。これは、医師などに健康相談ができる「TONE Care」や、ブロックチェーンを活用したポイントシステムの「TONE Coin」などをパックにしたもの。実証実験のため料金は無料で、加入すると1万円の端末割引を受けられ、2万1780円(税込み)で購入できる。トーンモバイル初の5G端末を開発した狙いはどこにあるのか。フリービットで代表取締役社長CEO兼CTOを務める石田宏樹氏に話を聞いた。

●TONE e22の予約件数は過去一番よかった

―― 6月1日にTONE e22が発売になりました。直後のインタビューですが、発表後からの反響も含めて現状の動向を教えてください。

石田氏 予約件数は、過去一番よかったですね。Webでポンと跳ねましたが、店舗は週末(インタビューは6月2日に実施した)からだと思っています。ここまで作り込めるようになったのは初めてで、まずお店の方からの反応が全然違います。昨日も大きなドコモショップに行きましたが、特徴をきちんと分かっていただけていました。

 ただ、店舗によってはまだ前モデルが展示されています。基本的には週末(6月4日)に置き換えていきますが、ドコモショップの中には、まだトーンモバイルをあまりご存じでない店舗もあります。うちの母が田舎でドコモショップに行ったら、「トーンモバイルって何ですか?」と聞かれてしまい(笑)。ドコモのメカニズムで研修は相当やりましたが、まだそういうところも残っています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください