Instagram、「ダイレクト」の単体アプリテストを開始

ITmedia NEWS / 2017年12月8日 7時30分

写真

The Vergeの記事

 米Facebook傘下のInstagramが、Instagram内のプライベートなシェア機能「ダイレクト」を独立させた単体アプリのテストを開始した──。米The Vergeが12月7日(現地時間)、Instagramのプロダクトマネジャー、ヘマル・シャー氏による解説を添えてそう報じた。

 ダイレクトは、2013年12月にInstagramアプリに追加された、写真や動画を指定した個人やグループとのみシェアできる機能。2016年11月には、消えるダイレクトメッセージ機能が追加され、メッセージングツール的な傾向が強くなっていた。

 ダイレクトの単体アプリ化は、FacebookがFacebook Messengerを単体アプリ化した流れに似ている。ユーザーは当初、Messengerのメインアプリからの分離に批判的だったが、今ではMAU(月間アクティブユーザー数)13億人を超える人気アプリになっている。同社はMessengerでも広告を表示して収益化している。

 シャー氏は「ダイレクトをカメラファーストな単体アプリにすれば、最速で最もクリエイティブな、プライベートな交流の場にできる」と語った。

 ダイレクトアプリをインストールすると、Instagramのメインプリの受信箱はなくなり、プライベートなシェアはすべてダイレクトアプリ内で完結する。

 ダイレクトアプリのテストはまずはチリ、イスラエル、イタリア、ポルトガル、トルコ、ウルグアイで実施する。

ITmedia NEWS

トピックスRSS

ランキング