ガンホーの19年度3Q、最終利益59%増 「パズドラ」「Ragnarok M」など堅調

ITmedia NEWS / 2019年11月14日 19時43分

写真

「パズドラ」は3Qも好調だった

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントが11月14日に発表した2019年1月~9月期の連結決算は、売上高が前年同期比32.8%増の820億円、営業利益が47.7%増の255億円、最終利益が58.5%増の168億円と増収増益だった。

 主力のスマートフォンゲーム「パズル&ドラゴンズ」で実施した、新ダンジョンの追加、ゲーム内容の改善、他社IPとのコラボ企画などが増収につながった。

 韓国子会社GRAVITYが韓国や東南アジアなどに提供中のRPG「Ragnarok M: Eternal Love」で、継続的なアップデートとイベントを行ったことも好決算に貢献した。

 Ragnarok M: Eternal Loveの日本版「ラグナロク マスターズ」(6月リリース)、カプコンと共同開発したカードゲーム「TEPPEN」(7月リリース)などの新規タイトルも堅調に推移した。

 「短期的な事業環境の変化が激しく、適正かつ合理的な数値の算出が困難」として、19年12月期の通期業績予想は非開示とする。

 国内のモバイルゲーム市場では、既存ゲームの収益性低下などにより、コロプラ、グリー、ディー・エヌ・エー、ミクシィなどで減収減益が続いている。

 そうした環境下で大幅な増収増益を実現した要因について、ガンホーは「顧客の反応を見極め、ゲームの継続開発やイベントの実施などを適切に実施することで、長期的に楽しまれるゲームの提供が可能となっている」などと説明している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング