“Pepper不要論”払拭なるか Pepperが接客するカフェ、渋谷に誕生 開発元が自ら運営

ITmedia NEWS / 2019年12月3日 21時10分

写真

「Pepper PALOR」の店頭

 「Pepperを派手に展開するフェーズは終わったと考えている。今後は地に足を付けて事業に取り組む」――。ソフトバンクロボティクスの蓮実一隆取締役は、12月3日に開いた「Pepper PALOR」の内覧会でこう語った。

 Pepper PARLORは、商業施設「東急プラザ渋谷」(5日開業)に出店予定のカフェ。その名の通り、店内に多数の人型ロボット「Pepper」を配置し、Pepperが接客する。広さは420平方メートル、席数は162席と大規模だ。

 受付のPepperは顧客の表情を認識し、年齢・体調・表情に応じたメニューを提案する。ソファ席にPepperが同席し、話し相手になったり、タブレットのゲームアプリで一緒に遊んだりするコーナー「相席Pepper」も設ける。

●ソフトバンクロボティクスが自ら運営

 店内にはPepperの他、人型ロボット「NAO」、掃除ロボット「Whiz」も設置する。NAOは特定の時刻になると、複数台で連携して一糸乱れぬダンスを披露する。Whizは閉店後と開店前の清掃を担い、店員の負担を軽減する。接客の一部と調理は人間のスタッフが担当するが、新ロボットを追加する可能性もあるという。

 店舗運営は、飲食事業者に各ロボットを貸し出す形ではなく、ソフトバンクロボティクスが自ら担う。蓮実取締役によると、この店舗の出店・運営も「地に足のついた取り組み」の一環だという。

 「ロボットがなくてもすてきなお店を目指している。主役はあくまでお客さま。おいしい料理を楽しめて、ふと横を見るとロボットが働いている店が理想だ」(蓮実取締役)

●“不要論”の影響で方針転換か

 同取締役がこうした堅実路線を強調する背景には、昨年来のPepperに対する“不要論”があるとみられる。

 同社はPepperを2014年にリリース。15年10月から法人向けモデル「Pepper for Biz」のレンタル事業をスタートし、18年10月時点で2000社以上の顧客を獲得したが、3年契約を更改する企業が少ないことを「日経XTECH」が指摘。同時期に「AERA dot.」もPepperを利用する企業の「3年前は目新しさがあったのですが、今となってはブームは過ぎ去り、Pepperを見かけても、多くの人がスルーしていきます」といった声を紹介する記事を掲載した。

 蓮実取締役は「契約数が減少している事実はない」と昨年の報道を否定しつつも、性能に賛否両論の声があることを認識していたといい、「かつてのPepperはトンチンカンなやりとりをしたり、会話中に『ごめんなさい、分かりません』と答えたり、急にノリノリになって矢継ぎ早に発話したりすることがあった。言語処理の精度に課題があった」と語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング