1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

「慣れない」「指が届くようになった」──iOS 15で“検索窓”が下に移動した「Safari」に賛否 旧UIに戻すユーザーも

ITmedia NEWS / 2021年9月22日 10時9分

写真

新しいタブバー

 9月21日に配信が始まったAppleのスマートフォン向けOS「iOS 15」には、通知をフィルタリングする「集中モード」やグループ通話中などに音が来る方向を調整する「空間オーディオ」など、さまざまなアップデートが盛り込まれている。WebブラウザのSafariも「機能拡張」に対応した他、ユーザーインタフェース(UI)が大きく変更された。このUIが賛否を呼び、21日のお昼過ぎごろにTwitterでトレンド入りした。

 変わったのは、上から下に移動したタブバー(検索バー)だ。長らく、Safariのタブバーは画面上部に設置されていたが、iOS 15で初めて下に移動した。iPhoneには画面下のエッジ部分を下にスワイプすると画面全体が下がる「簡易アクセス」機能があるものの、筐体の大型化でタブバーがタッチしづらくなっていた。

 こうした背景もあり、UIの変更についてTwitter上では「指が届きやすくなった」という声がある一方、「慣れない」「使いづらい」という声も出ており、従来のUIに戻す方法を紹介するツイートも複数拡散されている。下部にあるタブバーを上部にあった従来の検索バーに戻すには、「設定」から「Safari」を選択し、「タブバー」から「シングルタブ」に変更すれば可能だ。

 Safariの新しいタブバーの情報が初めて公開されたのは、Appleが6月に開催した開発者向け会議「WWDC 2021」だが、その時からUIが若干変わっている。タブバーが浮いているような、ブラウザの表示領域がより広くなるデザインだったが、従来のメニューバーにタブバーが合体したようなUIを採用している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング