1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

Amazon、「Kindle Paperwhite」新機種3モデル USB-Cになり画面も大きく

ITmedia NEWS / 2021年9月22日 8時18分

写真

 米Amazon.comは9月21日(現地時間)、電子書籍リーダー「Kindle」の新機種3モデルを数年ぶりに発表した。日本を含む世界で同日予約受付を開始し、27日に発売する。充電ポートがようやくUSB Type-Cになり、画面が10%明るくなる。

 発表されたのは、「【NEW】Kindle Paperwhite」「【NEW】Kindle Paperwhite シグニチャー エディション」「【NEW】Kindle Paperwhite キッズモデル」の3モデル。2019年3月発表の現行モデルの「Kindle」と2019年6月発表の最上位機種「Kindle Oasis」と併売するようだ。

Kindle Paperwhite

 Kindle Paperwhiteは世代的には第11世代になる。第10世代との主な違いは以下の通り。

・ディスプレイが6インチから6.8インチに

・フロントライトのLEDが5個から17個に

・充電ポートがmicro USBからUSB Type-Cに(約2時間半でフル充電)

・バッテリー持続時間が6週間から約10週間に

・新SoCでパフォーマンスが20%向上

・色調調節ライト対応に

・ベゼルがフラットに

 ディスプレイが大きくなった分、高さが7mm、幅は9mm増えたが、厚さは0.08mm薄くなった。重さは23g増えて205g。

 ストレージ容量は8GBのみになった。また、無料4Gモデルはない。

 色調調節ライトはこれまでOasisにのみ搭載されていた機能。

 本体色は黒のみ。別売のカバーは日本ではディープシーブルー、ブラック、ラベンダーヘイズの3色を発売する。

 価格は、広告ありが1万4980円、広告なしは1万6980円。カバーは3680円。

シグネチャーエディション

 シグネチャーエディションとKindle Paperwhiteとの違いは以下の通り。

・Qi無線充電対応

・明るさ自動調整機能

・容量が32GB

・重さが207gとPaperwhiteより2g重い

 後はKindle Paperwhiteと同じだ。見た目も変わらない。

 広告なしモデルのみで、価格は1万9980円。

キッズモデル

 世代としては第11世代になるキッズモデルの先代との違いは以下の通り。

・解像度が167ppiから300ppiに

・LEDが4個から17個に

・バッテリー持続時間が4週間から10週間に

・IPX8の防水

・色調調節ライト追加

 本体カラーは黒のみだがキッズカバー(ブラック、エメラルドフォレスト、ロボットドリームのいずれかを選択)が付属する。

 価格も上がり、6000円高い1万6980円。

 新モデルのソフトウェアは先日発表のアップデート版になる。このアップデートはすべてのKindleで近日実施される見込みだ。

【更新履歴:2021年9月22日午前9時10分 当初、Kindle PaperwhiteとKindleの違いを列記していたものを、先代Paperwhiteとの比較に変更しました。】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング