1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

EU、スマートフォンなど電子機器の充電を「USB-C」に統一する法案 Appleは「イノベーションを抑制する」

ITmedia NEWS / 2021年9月24日 8時17分

写真

ポートの異なる端末を掲げて語るティエリー・ブルトン氏

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は9月23日(現地時間)、スマートフォンをはじめとする電子機器類の充電方法をUSB Type-C(以下EUにならって「USB-C」)に義務付ける法案を提出した。対象はスマートフォン、タブレット、カメラ、ヘッドホン、ポータブルスピーカー、モバイルゲーム端末。

 また、電子機器に充電器を同梱しないよう提案する。

 競争政策担当コミッショナー、マルグレッタ・ヴェスタヤー氏は「われわれは業界に、独自のソリューションを考案するための十分な時間を与えた。充電器統一の立法措置を講じる時期が来ている。これは消費者と環境にとっての重要な勝利だ」と語った。同氏はこの法律で「引き出しで絡まるケーブルがなくなる」とツイートもした。

 EU市場担当コミッショナーのティエリー・ブルトン氏は「すべての携帯用電子機器に単一の充電器を使えるようになれば、利便性が高まり、無駄が減る」と語った。

 法案の主な項目は、

・USB-Cを共通のポートにする

・充電速度を統一する

・電子機器に充電器を同梱しない

・消費者への関連情報提供

 充電器を同梱しない流れは既にあり、米Appleも韓国Samsung Electronicsも最近のスマートフォンには充電器を同梱していない。

 スマートフォンでのUSB-Cの採用も、Android端末ではほぼ100%だが、Appleは最新の「iPhone 13」シリーズでもLightningを採用している。

 Appleは英BBCなどに対し、「1種類のコネクタのみを義務付ける厳格な規制はイノベーションを抑制し、欧州や世界中の消費者に害を及ぼすことを懸念している」という声明文を送った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング