1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

AIが評価するお絵描きゲーム 判定は「アートっぽいけど、何なのか見当つかない」 高得点を狙うには?

ITmedia NEWS / 2022年8月6日 9時35分

写真

AIが評価するお絵描きゲーム「Guess the Line」

 「Experiments with Google」は、Googleが人工知能(AI)や拡張現実(AR)といった最新技術の可能性を示すために、実験的な応用例を紹介するショーケースだ。膨大なコンテンツを公開しており、その多くはスマートフォンやPCで試せる。

 この記事では、多種多様な応用例の中から興味深いものをピックアップ。実際に遊んだ体験レポートを通して、裏側にあるテクノロジーや、技術の活用方法とその目的を解説する。

 読者の皆さんも、ぜひ自分の手で試しながらその仕組みを学んでもらえたらうれしい。きっと、最新技術の魅力に気付くはずだ。

●お題を基にお絵描き AIが出来栄えを判定する

 今回は、お題に従って絵を描き、出来栄えをAIに判定してもらう「Guess the Line」を取り上げる。

 Guess the Lineでは、まずカード形式のお題に合った絵を描く。次にAIが絵を解析して、お題にどれだけ近いか数値化して判定する。一定以上の点数ならそのお題はクリアだ。お題カードを1枚獲得して、次のレベルに挑戦できる。

 描くお題は、遺跡からの出土品や古代の芸術作品、現代の工業製品などとても幅広い。出題文からイメージが湧かなければ、作品の写真をお手本にできる。

 自分が描いた絵をAIがどう評価するか、どのような作品が紹介されるかなど楽しめるポイントが多いコンテンツだ。

●高評価のポイントは「絵のうまさ」ではないらしい

 Guess the LineはWebアプリケーションなので、PCでもスマートフォンでもサイトにアクセスすれば遊べる。筆者がPCで使っているポインティングデバイスはトラックポイントなので、絵を描くのには向いていない。絵心がない筆者がPCを使って無駄に難易度を上げる必要はないので、スマートフォンとタッチペンで挑んでみた。

 スタートすると、画面右下にお題カードが表示される。そのお題を踏まえて、画面上の白いキャンバスに絵を描く。

 1問目は「A BRONZE FORK」(青銅製のフォーク)だ。現代では見掛けないが、昔はよく使っていたのかもしれない。取りあえずフォークっぽい形を描き、AIに判定してもらった。AIが出した判定は「37%の確率で青銅製のフォーク」というものだった。どうやら合格らしい。

 合格したので、次のお題「A CERAMIC BEARD」(陶器のひげ)に進もう。一体何を描けばいいか想像もつかない。お題カードをタップしてヒントに出てきた、ひげを生やした顔の像をまねすることにした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください