中学受験のリアルを描く漫画『二月の勝者』 第一志望校に絶対合格させる塾講師は神様か悪魔か?

ねとらぼ / 2018年1月14日 20時0分

写真

スピリッツで連載中の漫画『二月の勝者』

 すでに地域によってはシーズン入りし、2月から本格化する中学受験をテーマにした漫画『二月の勝者-絶対合格の教室-』の連載が、週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)の新年1号から始まっています。これが中学受験界のリアル……!

 「中学受験生のうち、第一志望に受からないのは何割でしょう?」。この答えは残酷にも「7割」と、ほとんどが受からないという現実が立ちふさがる中学受験ですが、塾講師の主人公・黒木蔵人(くろき くろうど)は「君達全員を第一志望校に合格させるためにやってきた」と自己紹介する“受験の神様”のような存在。

 しかし、彼の発言はときに怖いほど過激です。

 雪が降る中、試験会場に応援として駆け付けては、わからない問題を見つけパニックになる受験生の子どもに的確に解き方を教える黒木。後日その姿を塾で称賛されるも、「仕事ですから」と一言。また小学6年生が塾に落とす金額(平均150万円)の話をしては「それを考えると雪をかぶることくらい」と、生々しい理由を隠すことなく伝えます。

 さらには続けて「『受験塾』は『子どもの将来』を売る場所です」と冷徹な目を見せて語り、公開模試(オープンテスト)を「『新規顧客』獲得のチャンス」「金脈を獲りに行きますよ」と話す姿は完全に悪魔。あえてそんな言い方をするのはなにかワケがありそう……?

 そんな面を見ると最悪にも思える黒木ですが、教室での指導や受験生の親に対しては、辛辣ながらもハッキリとした考えのある言葉で相手の心に刺さる内容を話すなど、さすがもともと“バケモノ級トップ塾”に所属していたスーパー講師だと感じるシーンも。

 例として子どもの親に正面から「平凡な子ですね」と堂々と伝え、「凡人こそ、中学受験をすべきなんです」という言葉の理由を相手にわかるように数字の話も交え説明していく姿はすごいの一言。

 物語は彼がそのトップ塾「フェニックス」から、合格実績の悪い塾「桜花」の吉祥寺校に新校長としてテコ入れにやってくることからスタート。もう1人の主人公で研修からようやく正式な桜花の講師となった佐倉麻衣の視点で描かれ、真っすぐな彼女の今後の成長や忘れられない過去との向き合い方も気になるポイントとなっています。

 毎年めまぐるしく変動し、またさまざまな意見も上がる「中学受験」について、明るい部分だけでなくその裏までスポットを当てて描いていく同作品。実際に受験するかどうか我が子の決断が迫っている父親・母親だけでなく、誰が読んでもその現実にある激動の世界に興味が湧いてくる、そんな価値観が変わるかもしれない1作です。

 コミックス1巻は2月9日発売予定。ちなみにビックコミックの公式サイトでは第1話の試し読みが可能です。

ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング