また海底で発見 軽巡「ヘレナ」の武勲と黒歴史、軽巡洋艦なのになぜこんなに「でかかった」のか

ねとらぼ / 2018年4月17日 10時54分

写真

ポール・アレン氏の調査チームが海底で発見した軽巡「ヘレナ」

 ポール・アレンさんがまたやってくれました。先日紹介した米軽巡洋艦「ジュノー」に続いて、米海軍の軽巡洋艦「ヘレナ(CL-50)」を2018年3月末にソロモン諸島北部にあるニュージョージア島沖の水深860メートルの海底で発見しました。

 アレン氏の調査チームは、調査船「R/V Petrel」の機材で撮影した57秒の動画と10枚の静止画を公開しています。この動画をじっくり見ると、船尾舷側に「50」の文字を確認できます(25秒付近)。ヘレナの艦番号は「CL-50」。米海軍50番目の軽巡洋艦を意味します。また公開された静止画では、ヘレナの主砲である「15.5センチ三連装砲塔」が砲身も含めてほぼ完全な姿で残っており、さらに後部射撃指揮装置の銘板や射撃方位盤の支柱(推測ながら、内部配置も見えているかも)、20ミリエリコン対空機銃、マストなどの装備も確認できます。

●ヘレナは軽巡洋艦なのに、なぜ重巡洋艦クラスまで「でかかった」のか

 日本で軽巡洋艦というと、煙突が3本または4本ある、見た目ちょっと古めの「5500トン型」をイメージするかもしれません。この5500トンとは船の重さを表します。正しくは「常備排水量」といいます。ところがヘレナは、重さ、正しくは基準排水量が1万トンもありました。日本でいうところの重巡洋艦クラスの重さ。まぁでかいということですね。でも、なぜ軽巡洋艦なのにこんなにでかかったのか。これには「ロンドン海軍軍縮条約」が関わっています。

 ロンドン海軍軍縮条約とは、超ざっくりと説明すると「脇役の巡洋艦や駆逐艦、潜水艦の持てる“量”を、それぞれの国ごとに決めます!」という約束です。「隻数」ではなくて、「重さの総量」なのですね。ちなみに、主役の戦艦や空母についてはその前の「ワシントン海軍軍縮条約」で決めていました。

 なお、ワシントン海軍軍縮条約では巡洋艦の重さについても「基準排水量で1万トン以内だよ!」と決まっておりました。ロンドン海軍軍縮条約ではさらに主砲の大きさも、「主砲が20センチ(8インチ)までならば重巡洋艦ね」「15.5センチ(6.1インチ)までならば軽巡洋艦ね」と定めた上で、それぞれで「国ごとに持てる重さの総量」が決められたのでした。

 しかしその時点で米海軍と日本海軍は、既に持っていた重巡洋艦だけでロンドン海軍軍縮条約で定まった上限に達していました。これは困ります。そこで彼らは、しばらく新しい船を作る予定のない軽巡洋艦の枠に目を付けたのでした。「主砲が口径15.5センチまでならば、基準排水量1万トンあっても軽巡洋艦だよな。そうだよな」。そういう抜け穴探し的解釈で米海軍は1万トンの船体に15.2センチ主砲を15門“も”乗せたブルックリン級7隻と、準同型艦のセントルイス級2隻を建造します。ヘレナはセントルイス級の2番艦として1939年9月に就役しました。

ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング