電車の「上り」「下り」はどう決まる?

ねとらぼ / 2018年4月25日 11時0分

写真

 ニュースなどでは、高速道路や新幹線の「上り」「下り」という用語をよく見かけますね。「上京」とも言いますし、東京に向かうのが「上り」になることが多いです。

 でも、ほかの路線では、東京とつながっていないこともあります。実際のところ、「上り」「下り」の表現はどのように決まっているのでしょうか。

●起点と終点

 道路も鉄道も、全てに起点と終点が決められています。例えば、東海道新幹線の起点は東京駅、終点は新大阪駅ですね。

 そして、起点から終点へ向かうのを「下り」、終点から起点へ向かうのを「上り」と呼ぶことになっています。結果だけ見ると東京に向かうのが上りになっているだけであって、東京が首都で大都市だから上りなのではありません。

 この「起点」と「終点」は、鉄道や道路を河川のようにイメージすれば分かりやすいかもしれません。川は、高いところを起点として、終点の河口へ向かって下っていくものです。また、終点の河口から起点の高所へ向かうことを「上る」といいますね。

●起点と終点はどう決まるのか

 「起点→終点が下り」と分かったところで、「では、起点と終点はどうやって決めているのか」と疑問に思った方もいるかもしれません。起点・終点の決め方は路線を管轄する団体によって異なります。

 JRでは、原則として「東京駅に近い方が起点」とするのが国鉄時代の慣例であったようです。現在も一部の例外を除き、ほとんどの路線は東京駅に近い端を起点、遠い端を終点としています。

 道路については、かつては全ての国道は東京・日本橋を起点とし、「東京市より○○府○○に達する路線」といったように表されました。しかし、戦後の1952年に道路法が改正されると、このような定め方がなくなりました。

 現在の国道では、重要な都市や港湾、飛行場などを起点に定め、この基準でもどちらの端を起点にすべきか微妙なときに、「東京に近い方」や「東にある方」といった小原則を適用しているようです。

●しかし、例外も多い……

 いろいろと説明してきましたが、やはり例外もあります。

 例えば、東京をぐるりと回るJR山手線。起点は品川駅、終点は田端駅と決められているのですが、実際には環状運転をしています。田端~品川間は、「田端~東京は東北本線に、東京~品川は東海道線に乗り入れている」という扱いになっています。

 この環状運転の点から「上り」「下り」という言い方はとても分かりにくく、「外回り」「内回り」という言葉を使っています。また、実際の運行において始発駅・終着駅は大崎駅になっていて、田端・品川という両端の設定は、そこで東北本線や東海道線と分岐することを示す程度です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング