4年ぶりに同時公開 潜水調査船「しんかい6500」と「よこすか」の“超スゲーところ”に肉薄する

ねとらぼ / 2018年5月17日 11時6分

写真

海洋研究開発機構が「しんかい6500」などを一般公開

 うぉぉ! これがあの「しんかい6500」かっ!

 神奈川県横須賀市にある海洋研究開発機構(JAMSTEC)横須賀本部で5月12日、毎年恒例の施設公開イベントが行われました。

 海洋研究開発機構は、大深度有人調査船「しんかい6500」やその母船である「よこすか」などの海洋調査船を所有して海洋や海底の調査研究を手掛ける文部科学省所轄の独立行政法人です。

 人気のしんかい6500、そしてよこすかの船内を間近で見られるとあって、航海当日は無料シャトルバスが出る最寄りの京浜急行追浜駅のバス乗り場で30分以上の待ち時間になるなど、実に多くの来場者でにぎわいました。貴重な海洋調査船の様子、じっくりと眺めていきましょう。

●人気ダントツ! 「しんかい6500」

 しんかい6500はその名前の通り、水深6500メートルの深海まで潜水できる有人潜水調査船です。就役は1989年で、2019年には船歴30年になるベテラン船。全長9.7メートル、幅2.8メートルとキャビン付きヨットと同じくらいのサイズながら、船体の高さは4.1メートル、空中重量は26.7トンもあります。乗員は3人、通常潜航時間は8時間(緊急時の生命維持時間は最大で129時間)、最大150キロの装備や採集したサンプルを収容できます。

 就役から間もなく30年が経過しますが、搭載する観測機器やカメラ、情報処理機器を随時更新しており、年々進化しています。2018年現在はハイビジョンテレビカメラを2台に、最新のデジタルカメラやPCなどを活用しています。

 しんかい6500はこれまで1500回以上の大深度潜航を実施し、数多くの貴重な成果を挙げています。海洋研究開発機構の所属船の中では特に知られている調査船の1つです。それだけに紹介される機会も多く、その姿や調査実績、詳細な仕様などを知る人は多いと思います。

 しかしそれでも、直近で実際に船体を見て、解説員の説明を聞くとまた新しい発見があります。今回はしんかい6500を実際に運航しているチームのメンバーが解説員として参加し、実にファン心理を満たす貴重な話が聞けました。

 しんかい6500は、6500メートルの深海まで行ける潜水艇。「水圧は10メートルもぐるごとに1気圧ずつ増える」ことを聞いたことがあると思います。水深6500メートルの世界は、1平方センチに約650キロもの“スゲー力”が掛かる想像しがたい世界です。

ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング