この夏屈指のホラー映画 細田守監督「未来のミライ」に見た不気味さの正体

ねとらぼ / 2018年7月30日 11時0分

写真

(C)2018 スタジオ地図

 夏といえばホラー、という風潮がなくなってから久しい。「クロユリ団地」「残穢」「劇場霊」といった邦画の大作ホラーは秋口やゴールデンウィークに集中し、海外の大作ホラーは向こうでのハロウィンシーズン、10月に公開されることが多いこともあって日本での公開もそれ以降が中心だ。最近の作品では滝沢秀明主演「こどもつかい」などは夏公開だったが、大人も子どもも楽しめる内容を目指した結果、ホラーからは遠ざかってしまった。

 ここにスポッとおさまったのが「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」で知られる細田守の最新作、「未来のミライ」。天下の東宝が放つ文句なしの夏の大作映画であり、全年齢層を対象にしたファミリームービー。しかしその実態は、一言でいえば不気味だ。

【あらすじ】とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)のもとに生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。そんな時、くんちゃんは庭で未来からやってきた妹、ミライちゃんと出会います。ミライちゃんに導かれ、時を超えた家族の物語へと旅立つくんちゃん。それは小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まり。果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた本当の理由とは――。

★以下、本作のネタバレを含みます

●不気味の谷と奇妙な家

 この物語は1つの家に始まり、1つの家で終わる。冒頭、実写かと見紛うような空撮のシーンから徐々にカメラが降りていき、1つの家の形を捉える。ここでようやく本作品がアニメーションなのだと気付くことができる。この空撮シーンは本作で最もリアル、いってしまえば写実的だ。

 アニメーションの魅力とは、絵でしかないキャラクターが実在感をもってそこにいるというリアルさからくる快感だ、と細田は語っている。それが最大限に反映されるかのように、くんちゃん(本田訓)の挙動は四歳児として非常にリアルだ。一段一段階段を降りていく姿、しゃがんで大きく伸びをする動き。しかしまさしく幼児そのものであるその動き一つ一つを見ている間、強い居心地の悪さを感じる。

 不気味の谷、という言葉がある。人間ではないものが人間に近づいていくその瞬間、鑑賞者がそれに感じるすさまじい嫌悪感だ。それは上白石のすさまじく不自然な声とあいまって、なんだか人間のまがいものを見せられている感覚に包まれる。彼らが暮らす家も、ばあばによって(説明的に)語られる通り非常に奇妙な間取りだ。一見「ひろびろとしたダイニング」が登場したかと思えば、急勾配の段差に囲まれた部屋と中庭。一見幸せな家庭とその裏にある危険性を反映しているのか、と勝手に深読みさせられる。

ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング