矢口君は私の事なんて全然見てない 「ハイスコアガール」5話 少女のから回る恋心

ねとらぼ / 2018年8月11日 1時0分

写真

『ハイスコアガール』(C)Rensuke Oshikiri/SQUARE ENIX

 ゲーセンで燃やした青春があった。ゲーセンで育った恋があった。格ゲーが盛り上がっていた90年代を舞台に、少年少女の成長を描くジュブナイル「ハイスコアガール」は、当時を経験していた人も、そうではないゲーム好きも、そしてかつて子どもだった全ての大人が、共感できる悩みをたくさん練り込んだ作品です。

 今回は、中学でハルオと出会った少女・小春が恋に気付いていく、甘酸っぱい物語。

●プレイするのをうしろから見てたいから

 中学2年生になったゲームバカの矢口春雄(ハルオ)。全身全霊を注いで遊ぶハルオに出会って、ぼんやりと心ひかれるようになった日高小春。たまたま2人は正月に町で出会います。ゲームショップで、大好きなゲームについて語りはじめるハルオ。小春はそれを見て思う「またペラペラしゃべってる……」。ハルオは小春に「モータルコンバット」の素晴らしさを教えるべく、小春を引き連れてゲーセンに向かいます。

 「モータルコンバット」は1992年にミッドウェイゲームズが開発した作品で、アメリカ産。当時残虐ゲームの極みとして話題になった作品です。実写格闘ゲーム(4からは3DCGです)で、倒した後「究極神拳」を出すと「フェイタリティ!」の音声と共に、倒した相手を虐殺可能。親に怒られそうなゲームの筆頭でした。

 当時既に「サムライスピリッツ」が出ていて、試合の後に死ぬという描写や概念はあったものの、あえてわざわざコマンド入力して殺す、というグロテスクさは、子供の「悪いことしたい」心をくすぐりました。一応SFC版は残虐描写規制が入っています。MD版はアーケード版そのまま。アーケード版は立ってプレイする専用筐体でした。

 ハルオがひかれているのはヘンテコさの方でしょう。小春いわく「なんだかスゴイシュールな世界」。ハルオはそこに良さを感じ、プレイする度に脳みそがシビれ、何度でも楽しんでいる。これって、遊びの才能だ。

 ゲームは斜に構えて一歩引いて見ちゃうと、どれもこれも急につまらなくなります。なんでこんなことやってるの、無駄じゃないの、この世界観おかしくないか、などなど。それこそ究極神拳なんて、はたからみたら不要な行為でしかない。

 でも、シビれるんだから仕方ない。大変な思いをして、悩んで、練習して、怒ったり泣いたりして、その末に感じられるドキドキが、ゲームにはある。その快感と感動に理屈なんてないのは、ゲームに向き合いワクワクしたことのある人なら、みんな感じているもの。

ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング