ぴょこ! コアラの赤ちゃんが初めてお母さんのお腹の袋から出た日の様子が公開中

ねとらぼ / 2018年11月9日 22時20分

写真

よいしょ、よいしょ

 オーストラリアの動物園「シンビオ・ワイルド・ライフパーク」が生後7カ月のコアラの赤ちゃんの様子をYouTubeで公開しています。

 生後7カ月のコアラの赤ちゃんエリーは、産まれてから今までずっとお母さんのお腹の袋の中で過ごしていました。そしてこの日、初めて袋から顔を出し、外の世界を目にしたのです。

 袋から上半身を乗り出し、興味深そうにあたりを見回すエリー。その瞳は好奇心に満ちていて、初めて見る外の世界に刺激を受けているようです。キラキラした瞳と表情がとってもかわいらしい!

 前足を伸ばしたり、葉っぱを食べるまねをしてみたり楽しそうだったエリーですが、ふと不安になったのか、お母さんに抱き着く場面も。優しく見守るお母さんの前足にスリスリして甘えるところは、赤ちゃんならではの愛くるしさを感じます。

 エリーはお母さんに甘えつつ、興味はあれどもちょっとだけ怖い外の世界をきょろきょろと見渡し続けます。しかし初めての体験は赤ちゃんのエリーにはそれなりに疲れるもののようで、最後にはウトウト……眠ってしまいました。

 この貴重な「初めて」の瞬間はエリーだけでなく、母子を見守っている動物園の飼育員たちにとっても特別なものだったそうです。そしてもう少し大きくなったらエリーは袋から出て自分の足で外の世界を踏むことになります。そのときの様子も見られるとうれしいですね!

ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング