センター試験の英語リスニング第1問のイラストがユニーク過ぎて話題に 「いきなり笑わせに来るな」

ねとらぼ / 2019年1月20日 13時48分

写真

問題のイラスト(画像は日本経済新聞1月20日朝刊)

 1月19日に行われた大学入試センター試験において、英語のリスニング第1問のイラストがあまりにもユニーク過ぎるとネット上を中心に話題になっています。これがシュールレアリスムというやつか……。

 英語で読み上げられた内容に適するイラストを4つの内から選ぶという問題なのですが、そのイラストが、

1. 羽と手足が生え顔のついたりんご

2. 羽と手足が生え顔のついた人参

3. 筋肉ムキムキの手足と顔がついたきゅうり

4. 筋肉ムキムキの手足と顔がついたぶどう

 と4つ全部インフルエンザにかかっているときに見る夢に出てきそうな見た目をしているのです。特にきゅうりがその恵まれた筋肉に反してどこか悲しげな目をしていて見る者の笑いを誘ってきます。なんちゅう顔してんねん。試験中やぞこっちは。

 この問いにネット上では、「開いた瞬間に笑わせに来るのは反則やろw」「リスニングのイラストが頭から離れない」「やばすぎでしょ」「ほんとマスクしてて良かったって思った」「出 落 ち」といった声が上がっていました。

 また現在、これらのキャラクターを動かした動画やリアルなイラストにしたものなど、さまざまな二次創作が作られています。

ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング