「スト5」アーケードエディション公式サイトが20世紀感あふれるデザインで人気に 「爆速」「阿部寛公式サイトか」

ねとらぼ / 2019年3月14日 23時20分

写真

ここまでは普通

 カプコンが3月14日、「ストリートファイターV タイプ アーケード」の公式サイトを公開しました。ゲームセンター派の格ゲープレイヤーにとっては待ちに待ったタイトルの稼働とあり早速多数の人がサイトを訪れましたが、そこに待っていたのはまるで現代になって見つかった古代遺跡のごときノスタルジーにあふれた奥ゆかしいデザインでした。し、シンプルー……。

 サイトの一番上には派手でかっこいいタイトルロゴの画像がどーんと入っているのですが、その下はシンプルにテキストリンクのみ。左右のサイドナビだの、カラムレイアウトだの女々しいものは一切なし! 画像、壁紙、テキストの3要素のみで構成された男らしいデザインは、波動、昇竜、竜巻の3技を表現しているのかもしれません。

 そして何より奥ゆかしいのが、もはやロストテクノロジーと思われていた流れる文字(MARQUEEタグ)が使われている点。奥ゆかし過ぎる。15年ぶりぐらいに見た気がします。いっそ「いらっしゃませ! あなたは○○人目のお客さまです!」ぐらい入れてほしい感じ。リンクフリーですか? 相互リンクしましょう!

 ただし、このサイトは電波の悪いゲームセンター内でモバイル端末を使って閲覧することがメインになることを考慮してデザインを決めたと思われます。使う場面を考え、デザインを投げ捨てて実用性のみに絞ったと考えれば、大変ユーザーフレンドリーです。でも字は流すな。本当に。

 このサイトデザインにネット上では、「あまりにも神すぎて衝撃を受けた」「i-mode時代か」「阿部寛のホームページか」「サイト開くの爆速過ぎる」「ストリートファイターV魔法のiらんどエディションじゃん」といった声があがっていました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング