英語になると突然できなくなる“隠れ識字障害”とは モリサワに聞く「フォントのユニバーサルデザイン」(番外編)

ねとらぼ / 2019年6月18日 12時0分

写真

読書が大好きな子が英語でつまづいてしまうこともあるとか。

 より多くの人に使いやすいカタチを目指すユニバーサルデザイン。その考え方は文字の世界にも広まっており、国内のフォントメーカー各社は「ユニバーサルデザインフォント(UDフォント)」を手掛けています。

 本記事は、その中でも日本初というユニバーサルデザインの教科書体「UDデジタル教科書体」の開発者・高田氏らに取材するインタビュー企画ですが、今回は関連情報として「教育現場における識字障害」を中心に話を伺いました。

●識字障害がある人の文章の読み方

―― 第1回で「UDデジタル教科書体」を識字障害のある子どもが利用した事例がありました。そもそも識字障害とは、どのようなものなのでしょうか。

 高田氏:文科省の調査(※)では、発達障害の可能性がある小中学生が全体の6.5%。識字障害を含む学習障害の可能性がある生徒は全体の4.5%という結果が出ています。

※「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について」(2012年)。同調査は担任教員の回答に基づいており、「発達障害」ではなく「発達障害の可能性のある」生徒に関してまとめたものとしている。

 ただ魔法の書体は存在しないので、「この書体さえ使えば、誰でもたちまち読めるようになる」ということはありません。「UDデジタル教科書体」では慶應義塾大学、大阪医科大学LDセンターの協力のもと、述べ240人以上を対象に調査を行い、ロービジョン、識字障害などがある場合でも読みやすいというエビデンスを得ました。ですが、それぞれの書体環境の中で読みやすい書体に変えていただくことは、あくまでも“配慮の第一歩”と考えています。

 大阪医科大学LDセンターの奥村智人先生によると、「読む」という作業は単純なようでいて実は複雑で、脳の中で行われている処理は4つのステップに分けられるそうです。

 例えば、「りんご」という文字を読むときは、まず文字を見る。見た文字を音に変換し、その音を言葉や文のまとまりとして認識する。それから、音を自分の語彙(ごい)と結び付けて、意味が分かるといった具合。つまずくポイントは人それぞれで、どこに困難を抱えているかによって、適切な配慮の仕方は変わる、と話されていました。

 例えば、自分がどこを読んでいるのか分からなくなってしまうケースなら、「読んでいるところ以外を隠す」とうまく読めるようになるかもしれません。その他には「文章に色付きのフィルムをかける」「文の区切りにスラッシュを入れる」「読み上げソフトを利用する」など、いろいろな工夫が考えられます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング