「攻めてんな~NHK」「テレビ東京だと思った」 実写ドラマ「聖☆おにいさん」、NHKでの地上波初放送決定にファン驚き

ねとらぼ / 2019年5月20日 17時46分

写真

東京・立川の安アパートでの共同生活が描かれます

 講談社『モーニング・ツー』で連載中の人気コミック『聖☆おにいさん』(作者:中村光さん)の実写版ドラマが、6月22日から3週に渡ってNHK総合テレビにて“地上波初放送”されることが発表されました。どーもくんの横にパンチとロン毛が!

 2006年に連載を開始した同作は、“神の子”イエスと、“目覚めた人”ブッダの聖人コンビが安アパートに同居しながら下界を満喫する日常を描いたギャグ漫画。実写版ではイエス役を松山ケンイチさん、ブッダ役を染谷将太さんという実力派俳優の2人が演じ、映画「銀魂」シリーズ、テレビドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系列)を手掛けた福田雄一さんが監督と脚本を担当。俳優の山田孝之さんが製作総指揮を執るなど、豪華なキャスト&スタッフでも話題になっています。

 同ドラマは、動画配信サービス「ピッコマTV」で2018年10月に配信。今回はその際に配信された10話分を全3回のオムニバス形式に再編集し、6月22日に「ブッダの休日」「ブッダとイエスのできるかな」「出前のシステム」、6月29日に「バカンス in立川」「奇跡の物件」「福も来た!鬼も来た!」「白い聖人たち」、7月6日に「ホスピタル フィーバー」「天国よいとこ一度はおいで!」「サンパツ沐浴ドランカー」のエピソードが放送されます。

 また、6月1日からは「ピッコマTV」で実写ドラマ最新版の“第II紀”が配信開始となり、6月6日からは立川シネマシティなどの映画館で劇場版が公開される他、公式Twitterでは実写ドラマ“第III紀”の制作も発表されています。

 ネットでは「まじでかまじでかああ!」「祝☆地上波」と放送を心待ちにする声が上がっている他、地上波初放送がNHKであることについて、「攻めてんな~NHK 面白そう」「テレビ東京だと思ったら、まさかの国営放送」「ヤッター! NHKさんどうしたの?」と驚きの声も上がっています。

(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング