日本マイクロソフトさん、「Microsoft Edge」の“使える機能”ってなんですか? 製品担当者に直接聞いてみた

ねとらぼ / 2019年6月26日 12時0分

写真

Windows 10のユーザーなら必ず見ているMicrosoft Edgeのロゴ

 日進月歩で発展を続けるITの世界。「WebブラウザといえばInternet Explorer」だった時代は過ぎ去り、今では「PCを購入しネットに接続したら、まずはお気に入りのWebブラウザをダウンロードする」という人は珍しくないはず。でも、こんな疑問を抱いたことがある人もけっこういるのではないでしょうか?

 「Windows 10に標準搭載されているけど、Microsoft Edgeってどれくらい使えるんだろうか?」

 今回は、そんな疑問を日本マイクロソフトの製品担当者に直接ぶつけてみました。Microsoft Edgeを選ぶメリットって何なんです?

●“タブを開き過ぎちゃったときのあるある”を解消

―― 「OSはWindowsだけどEdgeを使ったことがない」「どんな機能があるのかよく知らない」という人もいると思うのですが、同ブラウザの“使えるところ”は?

 利用できる機能については「Microsoft Edge のヒント」というWebページで紹介しているのですが、今回は“私が日々Edgeを使っていて便利だと思う機能”に絞ってお伝えしたいと思います。地味なものもありますが、知っていると作業がかなり楽になるはずです。

 例えば、調べ物などをしていると、タブを開き過ぎてしまうことがありますよね。

―― ネットユーザーなら“あるある”でしょうね。

 タブが多過ぎて「あのページ、どれだっけ?」となったときは「各タブに表示されているWebページをサムネイル表示する機能」が役立つと思います。画面上部のバーにある「タブ プレビューを表示」というボタンから使えます。タブをカチカチ1つ1つ確認していたら、手が滑ってうっかり閉じちゃった……のようなミスがありません。

 また、「開き過ぎちゃったからページをいったん閉じるけど、またあとで見直したい」というときには、Edgeの画面上部のバーに「表示中のタブを保存して閉じる」「保存して閉じたタブ」というボタン。

―― 何ができるんですか?

 「表示中のタブを保存して閉じる」を押すとタブが全て閉じるのですが、「1時間前に閉じたタブ」「2日前に閉じたタブ」のような形でまとめて保存されていて、「保存して閉じたタブ」ボタンから復元できます。

 2~3日くらい前だったら「あのとき、こんな調べ物してたな」と思い出して作業の続きができるのではないか、と。

 過去に閲覧したページは履歴からも探せますが、目当てのページを見つけるのがなかなか大変だったりするんですよね。かといって、開いたタブをいちいちブックマークしておくのも面倒ですし。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング