自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実

ねとらぼ / 2019年7月23日 20時5分

写真

そんなまさか……

 『鬼畜島』や『殺戮モルフ』で知られるホラー漫画家・外薗昌也先生が4コマ漫画で公開した、怪談取材での苦労話がいろいろな意味で興味深いです。

 リアリティーのあるホラー作品を描くため、恐怖体験の取材を行っている外薗先生。しかし、その怖い“体験談”を聞いていくと話の途中で矛盾が生まれ、それを指摘すると「細かい事気にすんなよ」と笑いながら返されてしまう、なんてことがたまにある……と思いきや、そういった「作り話が多すぎる」とのこと。そうなのか……。

 また仕事柄、頼んでもないのに霊能者を紹介されるため、偽物か本物かを判定する方法として、先生自身がフォトショップで「偽の心霊写真」を作成。すると、やってきた“自称霊能者”は同写真を100%真に受けるそうです。霊能者より先生の方が一枚上手……!

 他にも取材ではないですが、オフ会といった飲みの場面でそういった類の話をされ、その意味に気づかないパターンも。いきなり編集さんに「実家で神式で葬式あげたんですが、お墓は仏式だったんです。祟りとかないでしょうか?」と言われても、それがまさか「心霊相談」だったとは思わない……。

 そしてラストのエピソードでは、再び紹介された別の自称霊能者に「品のいいご老人が後ろに立ってあなたを護っておられます」「お父上ですね」と言われ、「えええー」と驚くも、先生のお父様はまだご健在だったというオチが語られています。違う意味で驚くわ!

 上記の4コマレポ漫画は、外薗先生の『鳥肌通信』に収録されているエピソードで、この他にも先生による心霊スポット巡りや怪奇現象体験なども描かれています。また、実際に聞いた“作り話じゃない”方の実話怪談は『異能怪談 赤異本』『黒異本』『白異本』といった書籍で読むことができます。

 ちなみに外薗先生は霊能者に関しては本物にまだ会ったことがないそうで、出会うのは「(先生に)漫画化させて、自分を売り込もうとされる方」が多いのだとか。人間ってコワい。

画像提供:外薗昌也先生(@hokazonomasaya)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング