メカゴジラの着ぐるみを段ボールで手作り ギンギラの質感や回転手首の再現度がすばらしい

ねとらぼ / 2019年9月11日 22時19分

写真

質感がたまらない……

 段ボールで手作りしたメカゴジラの着ぐるみが、真に迫るクオリティです。銀色にギラギラ輝いていて、言われなければ段ボール工作とは分からない……。

 TwitterユーザーのDr.エムタンさんが、2018年から取り組んでいる作品。首や手首の回転、口の開閉など、ギミックもしっかり作り込まれています。

 編集部が詳細を聞いたところ、投稿主は段ボール工作歴約2年。以前にキングジョー(ウルトラセブン)を製作したとき、折り紙を貼る作業が大変だったため、次回作ではアルミテープを使おうと考えたそうです。

 そうして選んだのが、好きなシルバー系ロボのメカゴジラ。メカゴジラと人間とで骨格に差があるせいで寸法決めに苦労しつつも、5カ月ほどかけて作り上げたそうです。「お気に入りは手首や口などのギミック部分」とのことで、仕上がりに満足している様子でした。

 Dr.エムタンさんは、段ボールコスプレの祭典「ダンボリアン2」(青森県)に参加予定。過去にはトランスフォーマーのバンブルビーやゲッターロボ、最近は俳優のメル・ギブソンまで段ボールで作っていて、作品の幅の広さに感心させられます。

動画提供:Dr.エムタン(@mtan78)さん

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング