女々しい野郎どもの詩を歌っている暇はない「ハイスコアガール」15話 ハルオ、「ときメモ」で女心を学ぶの巻

ねとらぼ / 2019年10月19日 1時30分

写真

こんな中でギャルゲーやりたくない(6巻)

 ゲーセンで燃やした青春があった。ゲーセンで育kった恋があった。格ゲーが盛り上がっていた90年代を舞台に、少年少女の成長を描くジュブナイル「ハイスコアガール」。ゲームを愛した2人の少女と1人の少年の、エモーショナルな恋の物語。アニメ15話が10月19日に放送されました。

 15話は矢口春雄(ハルオ)が女の子の心を学ぶ回。人の気持ちはそう簡単にはわからぬもの、痛みとときめきを覚えて成長するしかない。

●ハルオ、「ときメモ」で女心のお勉強

 ハルオのまっすぐなところに惚れた、日高小春。しかし彼、まっすぐすぎてあまりにも女の子の心を考えない。先回の試合で、真剣勝負したのはよかったけれども、デリカシー皆無すぎました。

 今回は大野の姉の真が押し付けてきた「ときめきメモリアル」で、女心を勉強することになります。いやまあやりたくてやってるわけじゃないんだけど、こういうところ彼は真面目で「大野のお姉さんのご厚意に応えねーとな…」と考えているらしい。

 ハルオは色恋沙汰に感心が極端にない少年。にぶい云々どころか、そもそも恋愛の存在すら知らないんじゃないかってくらい、興味を持っていない。特に大野との関係は周りから見たら誰しもが気づいているにも関わらず、本人にはなんの自覚もありません。

 「ときメモ」で恋愛を学ぶって無茶があるんですが、彼に必要なのは恋愛のテクニックではなく、ときめくという感情を受け入れることです。そういう意味では恋愛をシミュレーションする「ときメモ」は、まずは恋を意識する刺激としてありかもしれない。

 ただ、真、小春、お母さんと、ハルオと大野の仲をうっすら勘付いている人間に囲まれての「ときメモ」は地獄すぎる。

 「ときメモ」は1994年にPCエンジンSUPER CD-ROM2で発売された「恋愛シミュレーションゲーム」。最近「ギャルゲー」でくくるので、この言葉あんまり言わないかも。PS版は1995年発売です。当時は恋愛ゲーム自体がコンシューマーではほとんど発売されていなかった時期なので、非常に話題になりました。

 ゲームとしての難易度はかなり高いです。ステータスを上げながら人間関係を深めつつ、バランスをとって育んでいかなければいけない。ここにハルオが気付いてのめりこめればばよかったんですが、彼はどうも「女の子の気持ちを考える」という思考ルーチン自体がなかったようで、全くといっていいほど攻略できていない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング