カードゲーム「バトスピ」、公式サイトのデッキ公開機能の悪用に注意喚起 公序良俗に反する長文がデッキ名として公開

ねとらぼ / 2019年11月8日 19時26分

写真

公式が注意喚起

 バンダイのトレーディングカードゲーム「バトルスピリッツ」の公式サイト上に、長文で違法薬物について論じる怪文書が投稿される事態が発生。バンダイはシステムを悪用して「公序良俗に反する長文」を公開したユーザーがいたとして注意喚起を行っています。

 問題の文章は、公式サイト上の「バトスピマイデッキ」機能を悪用して投稿されていたもの。バトスピマイデッキはサイト上で仮想のデッキ(カードの組み合わせ)を公開できるという機能。「愛用のデッキ」や「理想のデッキ」などを登録し、SNSやブログを介して意見を求めるなどの活用が可能です。

 デッキ名の投稿用ということもあり、本来は少ない文字数を想定したシステム。しかし編集部が確認した投稿は800字を超える長文で、さまざまな違法薬物の特徴について、服用者の視点でとりとめなく語る怪文書じみた内容となっていました。

 運営は当該の投稿を削除。同様の事態が起きないよう、今後はデッキ名に文字数制限やNGワード設定などを設けるとのことです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング