女子高生×バイクの青春ラノベ『スーパーカブ』がアニメ化進行中! 主人公のキャラクターデザインも発表

ねとらぼ / 2019年11月20日 21時15分

写真

角川スニーカー文庫『スーパーカブ』の表紙(1巻~6巻)。イラスト:博さん

 角川スニーカー文庫のライトノベル『スーパーカブ』のアニメ化企画が進行中であることが発表されました。合わせてメインスタッフと、主人公である小熊のキャラクター設定画も公開です。

 トネ・コーケンさんによる『スーパーカブ』は、角川スニーカー文庫から刊行中のライトノベル。両親も友達も趣味も、何もない日々を送る女子高校生の小熊が、中古のスーパーカブを手に入れたことから、同級生とのバイクライフが始まるという青春物語です。小説は現在5巻まで発売中で、2019年12月1日に最新の第6巻が発売されます。

 本作のアニメ化に挑むのは、「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」(2017年)の監督を務めた藤井俊郎さんと、「マクロスΔ(デルタ)」(2016年)のシリーズ構成を担当した根元歳三さん。キャラクターデザインは「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズ(2012年~2019年)の作画監督として活躍した今西亨さんが手掛けます。

 蟹丹さんが描くコミカライズは、現在KADOKAWAのコミックNewtypeで連載中で、コミックスは角川コミックス・エースより3巻まで発売中。アニメ企画の続報は、角川スニーカー文庫公式Twitterで順次発表されます。

●メインスタッフ

・監督:藤井俊郎

・シリーズ構成・脚本:根元歳三

・キャラクターデザイン:今西 亨

・アニメーション制作:スタジオKAI

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング