プリペイドカードで可動式「νガンダム」を作る人現る……! 完成度の高さに「課金は伊達じゃない!」の声

ねとらぼ / 2020年6月27日 20時30分

写真

青いプリペイドカード製のνガンダム……!

 プリペイドカードで作られた青い「νガンダム」がTwitterに投稿され「クオリティー高い」「すごすぎる」と話題になっています。しかも動かせるだと……?

 AppleのiTunesカード(App Store &iTunes ギフトカード)を複数枚使って、まるでガンプラのような立体作品を作っています。フォルムだけでなく、装飾も細かく再現しており、シールドに「Appleのロゴ」を配置するプリペイドカードならではのデザインがまたステキです。安定感のある立ち姿がかっこいい!

 作者のミナコンさんによると、関節などのパーツ同士は磁石によってくっついており、それにより「ガンプラとほぼ同じ可動域してるはず」とのこと。実際に、違和感のない立膝ポーズでビーム・ライフルを構える様子が公開されています。イチから作ったとは思えない完成度の高さ……。

 上記のライフルやビーム・サーベルも、右手に仕込んである磁石で持たせており、またそれらの武器はシールドや腰のスカートの裏側、左腕と背中にそれぞれ収納可能。また使用したプリペイドカードの枚数については、補強目的で二重にするなどしているため、だいたい40枚以上は使っているかもとのこと。なお、ほとんどは友人から使い終わったカードをもらって集めたそうです。

 ちなみに今回のνガンダムは、アニメ映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場する、ガンダムファンの間で人気のモビルスーツ。ミナコンさんは以前に「機動戦士Ζガンダム」に登場するモビルスーツ「キュベレイ」を、同じくプリペイドカードで作成。こちらは電飾を目と足に仕込んであり、光る仕様となっています。どちらもこだわりがすごい。

 コメントではその発想とセンスに「かっこいい!」「神業」の声が寄せられ、作中の名台詞をもじった「課金は伊達じゃない!」や、「プリペイドガンダム」と名付ける声も上がり人気を集めています。

画像提供:ミナコン(@minakon_LDF)さん

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング