新型iPhoneに期待するユーザーは減っている? 増えている?

ITmedia PC USER / 2017年9月12日 6時0分

写真

画像:ITmedia

 米Appleは9月12日(日本時間13日)、スペシャルイベントを開催します。……と発表があるたびにメディアには多くの記事が出ますが、世間は新型iPhoneにどれだけ興味があるのでしょうか? 端末のスペックは上がり、手持ちの端末に特に不満がなかったら、「今のままで十分」と感じる人もいるでしょう。

 Business Insider UK(Business Insider)が報じたPiper Jaffrayの調査によると、今年の新型iPhoneに期待しているiPhoneユーザーは16%で、去年の事前調査の15%とほぼ変わらなかったことが分かりました。

 一方、「多分」買い替えると答えたユーザーは、2016年の29%に対し、2017年は24%と減少しています。調査対象は400人強と母数が少ない中での結果ではありますが。さて、あなたの周囲の関心度はいかがでしょうか。

 注目度と検索数は比例するということで、「iPhone」でどの時期にどれだけ検索されたか、Google Trendsで調べてみました。過去5年のグラフを見ると、やはり新型iPhoneの発表と発売が行われる毎年9月は、世界的に検索人気度が爆発的に伸びています。

 特に「iPhone 6」が発表された2014年9月は突出して高く、その反動か翌年の「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」発表時はそれほど注目されていません。

 意外なのは2016年3月の「iPhone SE」発表時、「iPhone 5s」と同じようなデザインで、技術的にも大きな革新はなかったにも関わらず、検索件数は「iPhone 6s」発表時に近い伸びを見せていたこと。

 さらに2016年9月の「iPhone 7」発表時、日本のネットではすでに「飽きた」という声も聞こえてきましたが、世界的に見ると意外なことにiPhone 6に次ぐ盛り上がりを見せています。

●日本では「iPhone SE」が人気

 ちなみに「日本」でフィルタをかけると、近年で最も注目度が高かったのは2016年3月、iPhone SE発表時でした。iPhone 6sやiPhone 7のときより盛り上がっており、いかに日本人がコンパクトなiPhoneを待ち望んでいたかが分かります。しかし年々グラフがなだらかになっており、発表会時の検索人気度が伸び悩んでいる点はやや気になるところです。

 もっとも、スマホの普及率やAndroid端末のシェアの変化といった外的要因があるので、一概にこのグラフであれこれ言えるわけではありません。ただ、世界の検索動向を見ると、iPhoneシリーズの改良スパンと同じく、世間の注目度も2年ごとに繰り返されているようです。その流れをくむと、今年は前機種をブラッシュアップさせた「s」シリーズの年なので、新型iPhoneの注目度はそれほど高くないはず……という予想を裏切りそうなのが2017年のイレギュラーな点です。

 今年はiPhone 10周年のメモリアルイヤー。次期「iPhone 8」(仮)とは別に、プレミアムモデルとなるiPhoneが発表されると言われています。おそらくAppleも10周年を記念して、大々的なプロモーションを仕掛けてくるでしょう。

 さらに新Apple Watchのお披露目も期待されています。Appleがどのような形で10周年のiPhoneを盛り上げるのか、13日未明のスペシャルイベントに注目です。

ITmedia PC USER

トピックスRSS

ランキング