6億台のPCで使える「Cortana」がAIアシスタント競争に苦戦する理由

ITmedia PC USER / 2018年1月13日 6時30分

写真

CES 2018ではAlexa対応のWindows PCが登場。写真はHPの小型デスクトップPC「HP Pavilion Wave」

 2017年に日本上陸を果たしたAmazon.comのAIアシスタント「Alexa」と、それに対応したスマートスピーカーの「Amazon Echo」が世界的に注目を集めている。

 毎年1月には米ラスベガスで世界最大規模のテクノロジートレードショー「CES」が開催されるが、2017年のCES 2017に続き、2018年のCES 2018でもAlexa旋風を巻き起こした。

 これに対抗するGoogleもCES 2018で大規模なプロモーションを展開し、同社のAIアシスタントである「Googleアシスタント」のアピールを繰り広げた。純正スマートスピーカー「Google Home」以外にもGoogleアシスタント対応デバイスを増やし、家電製品の「制御ハブ」としてのポジション確立に躍起だ。

 Googleは、Amazon Alexa対応のタッチディスプレイ搭載デバイス「Amazon Echo Show」に対抗すべく、Googleアシスタント対応のタッチディスプレイ搭載デバイス「Smart Display」を発表。2018年内に、JBL、Lenovo、LG Electronics、ソニーがこのSmart Display製品を発表する見込みだ。

 こうした中、Alexaは新たな対応デバイスとして、Windows PCを積極的に加えていこうとしている。CES 2017ではAlexa導入の対象となるデバイスが白物などの家電中心だったが、CES 2018はその波がPCの世界にも広がってきたのだ。

 MicrosoftはAIアシスタント「Cortana」をWindows 10の標準機能として搭載しているが、それとは別にAlexaをPCに追加するとは、どういうことなのだろうか。

●CES 2018でAlexa対応Windows PCが続々と登場

 Alexa対応PCの口火を切ったのは台湾Acerだ。「Aspire」「Spin」「Switch」「Swift」といったノートPCやオールインワンPCの一部モデルをAlexaに標準対応させると発表した。対応PC自体は2018年の第1四半期に出荷されるが、実際にAlexaの機能を使うには、同年半ばに提供予定のアップデートを適用する必要がある。

 対応PCは音声認識用のDSPにIntel Smart Sound Technologyを採用し、Far-Field(2.74m)の距離で認識可能な4対のマイクを内蔵するなど、音声入力の処理を大幅に強化しているのが特徴だ。

ITmedia PC USER

トピックスRSS

ランキング