MicrosoftがGitHubを買収するメリットは何か

ITmedia PC USER / 2018年6月14日 13時35分

写真

写真左から、GitHubのクリス・ワンストラス現CEO、Microsoftのサティア・ナデラCEO、GitHubの新CEOに就任するMicrosoftのナット・フリードマン氏

 6月4日(米国時間)、突如発表された米Microsoftによる米GitHubの買収。買収額は75億ドル(約8200億円)で、2018年内に買収が完了する見込みだ。

 GitHubでは半年以上前から新しいCEO探しが続いていた他、自身の売却を視野に入れたMicrosoftらとの交渉のうわさが伝えられていた。最終的には米Microsoftのサティア・ナデラCEOの説得を受け入れた形だ。

 GitHubの新CEOには、Xamarinの創業者であり、米Microsoftデベロッパーサービス担当コーポレートバイスプレジデントのナット・フリードマン氏が就任する。GitHubの現CEOであるクリス・ワンストラス氏は、Microsoftエグゼクティブバイスプレジデントであるスコット・ガスリー直属のテクニカルフェローとして、ソフトウェア関連の戦略的取り組みを担当することとなる。

 GitHubは2008年に創業した非公開企業であり、同社が提供するクラウドサービスの名称でもある。ソースコードなどバージョン管理が重要となるドキュメント群を管理し、開発者や参加するメンバーらが互いに情報共有を行いながらプロジェクトを推進していくクラウドサービスだ。約2800万人が利用している。

 もともとはLinuxの生みの親であるリーナス・トーバルズ氏が、Linuxの開発にあたってバージョン管理の仕組み「Git」を導入し、このGitを用いた派生サービスの1つがGitHubとなる。

 Gitの名称を冠するバージョン管理のサービスは幾つかあるが、多くのオープンソースプロジェクトでの利用の他、「Pull Request」などの今日の開発スタイルをけん引する仕組みを早期から導入したことでGitHubは人気サービスに成長し、開始から10年を経て「ソフトウェア開発における“レファレンスサービス”」のような形で、デファクトスタンダードに近い地位を得ている。

 もちろん、GitHubではMicrosoft関連に限らず、多くのオープンソースの技術を用いて、幅広いプラットフォーム向けの開発が行われているわけだが、Microsoftによる買収後もGitHubの独立性は保たれるという。それでは、MicrosoftはなぜGitHubを買収したのだろうか。

●買収発表後で注目が集まるGitHubの国内イベント

 偶然ではあるものの、買収を発表した翌週にあたる6月12日(日本時間)には東京都内でGitHub Satelliteというイベントの開催が予定されており、米GitHub技術担当シニアバイスプレジデントのジェイソン・ワーナー氏が基調講演で登壇することになっていた。

ITmedia PC USER

トピックスRSS

ランキング