大画面の新型iPad Proを手にした旧式iPadユーザーの想定外の驚き

ITmedia PC USER / 2019年1月12日 8時0分

写真

12.9型iPad Pro(下)と7.9型iPad mini 4(上)

 2019年早々、新型iPad Proシリーズが“湾曲”しているとの指摘に対しアップルがサポート情報を公開して見解を表明するなど、話題を集めている新型iPad Pro。それだけ、iPad史上最薄の5.9mmというスリムボディーが衝撃的だったのでしょう。

●電子書籍化への道

 前回の記事では、7.9型の小型モデル「iPad mini 4」を「12.9型iPad Pro」(第3世代)に転生させ、ボディーサイズの違いや気になったところをチェックしました。今回は、初代iPad miniからiPad mini 4と代々利用してきた電子書籍ビューワーに注目し、12.9型の新型iPad Proではどういった体験が得られるのかを見ていきます。

 一口に電子書籍といっても、専用のハードウェアから各社のプラットフォーム、果てはアプリとさまざまな入り口があります。もちろん、電子書籍ストアも乱立している状態で、なかなか一つに絞りきれず、興味があるけど一歩を踏み出せないという方もまだまだ多いのではないでしょうか。

 かくいう筆者も、電子書籍が用意されていれば「置き場所を取らない」という一点だけで電子書籍版を優先する派ですが、現実はなかなかうまくいきません。というのも、好みの作家や毎月購入している雑誌(こんな人も今は少数派でしょう)が、ことごとく電子書籍と縁が遠いものばかりだからです。

 例えば作家の宮部みゆきさんは、小説は壊滅状態、電子書籍になっているのが宮部さん原作のコミック本ばかりで、数少ない電子書籍も『平成お徒歩日記』(新潮社)や『宮部みゆきの江戸怪談散歩』(KADOKAWA)といった町歩きエッセイだけです。一方の雑誌は、音楽ものだと『MUSIC MAGAZINE』や『レコード・コレクターズ』(いずれもミュージック・マガジン)といったものが挙げられます。

 結果として、毎年部屋の片隅にうずたかく書籍と雑誌の山ができあがります。以前は実家に本の山を送りつけて年を越していたのですが、ある日「1階のドアが開けにくくなった。2階に何を置いているのだ」との連絡が入り、2階に置いてある筆者の書籍や雑誌、CDやLPの山が重すぎて影響を与えていたことが判明しました。

 もう、この手は使えません。すわ、貸倉庫を探すか、あるいは非破壊的スキャンの検討かとも考えましたが、背に腹はかえられない段階に追い込まれた筆者が取った最終手段は、PFUの「ScanSnap iX500」と断裁機による“自炊”でした。当時はスキャン代行業者なるものが数多く存在していましたが法的に課題があるサービスは利用できません。

ITmedia PC USER

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング