Windows 10の次期大型アップデートで判明した変更点

ITmedia PC USER / 2019年1月24日 6時0分

写真

開発コード名で「Bari」と呼ばれるWebカメラ

 日本では正月明け直後の1月3日(米国時間)に、Fast Ring向けに配信が行われたWindows 10 Insider Previewの「Build 18309」だが、Microsoftが公式Blogで興味深い変更点を挙げている。

●次期大型アップデート「19H1」(開発コード名)での変更点

 それによれば、「Based on feedback, if you clean install Pro, Enterprise, or Education editions of Windows, the Cortana voice-over will be disabled by default.(フィードバックに基づき、もしWindows 10 Pro、Enterprise、Educationをクリーンインストールした場合、CortanaのVoice Over機能はデフォルトで無効になる)」というものだ。

 Neowinが指摘しているが、いわゆる「OOBE(Out Of Box Experience)」と呼ばれるPCの初期セットアップ時に「Cortana」が起動して音声ガイドによる設定を促す場面において、前述のWindows 10エディションについてはこの機能が呼び出されない。もし音声読み出し機能を利用する場合、音声ガイドが無効化されていても「Win」+「Ctrl」+「Enter」でナレーターを呼び出せる。

 このCortanaを使った音声OOBEは、Redstone 2(RS2)こと「Creators Update(1703)」で目玉機能の1つとして導入されたもので、実質的にWindows 10 Homeのようなコンシューマー向けエディション以外では不要で、むしろ複数クライアントでの同時展開でかえって煩わしいという判断だと思われる。

 加えて、1月16日(米国時間)にWindows Insider Program参加者のFast Ring向けに配信が開始された「Build 18317」では、従来のWindows 10で統合されていた「音声アシスタント」と「検索」機能が分離され、独立した機能として存在することが明らかにされた。

 本連載で指摘したように、Windows 10の最新開発ビルドではCortanaの重要度を落とすような変更が続いており、すでにPC以外のデバイスでユーザーとの接点を失いつつあるMicrosoftにとって「音声アシスタント」という市場でのプレゼンスは必然的に低下している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ITmedia PC USER

トピックスRSS

ランキング