レノボ、第10世代Coreを搭載したスタンダードビジネスノート「ThinkPad E14/E15」

ITmedia PC USER / 2019年11月8日 14時50分

写真

ThinkPad E14

 レノボ・ジャパンは11月8日、第10世代Coreプロセッサを標準装備したビジネスノートPC「ThinkPad E14」「ThinkPad E15」を発表、本日販売を開始する。価格はThinkPad E14が9万4000円から、ThinkPad E15が9万9000円から(税別)。

 それぞれ14型/15.6型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したビジネスノートPC「ThinkPad E490」「ThinkPad E590」の後継モデルで、CPUとして最新の第10世代Core i3/i5/i7の搭載に対応。グラフィックスコアとしてRadeon RX 640の選択も可能となっている。

 ともにメモリは最大16GB、ストレージは最大1TB SSDまたは2TB HDDまで搭載可能。標準導入OSはWindows 10 Home 64bit版だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング