Facebookの“本気度”を感じた完成度の高い一体型VRゴーグル「Oculus Quest 2」を試す

ITmedia PC USER / 2020年9月17日 2時35分

写真

Facebookが新たに発表した「Oculus Quest 2」

 Facebookは9月16日(米国時間)、開発者向けイベント「Facebook Connect」の基調講演にて、一体型VRゴーグル「Oculus Quest 2」を発表した。発売は10月14日の予定だ。

 2019年5月に発売した「Oculus Quest」の2世代目となる製品で、価格が64GBモデルで3万3800円、256GBモデルでも4万4800円(いずれも税別)と、旧モデルの64GBが4万9800円、128GB版が6万2800円から3分の2ぐらいに値下げされた点が大きい。

 また直販だけでなく、国内の家電量販店(ゲオ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ)の店頭でも取り扱いを始めるというのも注目だ。さらにリンクケーブルや増設バッテリー、キャリングケース、ストラップといった周辺機器も店頭で購入可能になる。

 VRの普及を大きく加速させそうな新製品だが、その実力はいかほどなのか。実機に触れる機会を得たので、早速レビューしていこう。前編では昨今のVR事情を整理した上で、本体の外観や旧モデルとの比較、セットアップについてまとめていく。

●性能と使い勝手のバランスが取れた最先端のVRシステム

 まず、直近のVR事情についてあまり知らない人のために、Oculus Questの立ち位置について簡単に説明しよう。

 昨今のVRムーブメントは、2016年を「元年」とすることが多い。Facebook傘下のOculusがPC向けの「Oculsu Rift」、HTCが同じくPC向けの「HTC VIVE」、ソニー・インタラクティブエンタテインメントがPlayStation 4向けの「PlayStation VR」(PS VR)をそれぞれ一斉に発売したことを受けての呼び方だ。

 当時のVRゴーグルは、こうしたPCやゲーム機とケーブルでつないで使う高性能な据え置き型と、スマートフォンを専用ケースにはめて利用するお手軽なモバイル型が主流だった。

 そこから4年近くが経った2020年、モバイル型はスタンドアローンの一体型に置き換わりつつある。一体型はモバイル型と異なり、スマートフォンをいちいちはめることなく、電源を入れるだけですぐにVRを体験できるのがメリットだ。

 Oculusは、もともとGalaxyシリーズを手掛けるサムスン電子と組んでスマホ向けのVRゴーグル「Gear VR」をRiftに先行してリリースしていた。一体型ではFacebookがシャオミとの協業で2018年に「Oculus Go」をリリース。ストレージが32GBで2万3800円~という価格で、ガジェットファンに「安い!」というインパクトをもたらした(最終的に2020年1月には1万9300円~に引き下げられた)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング