1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. パソコン

天空、GPD製ミニPC「GPD WIN3」新構成モデルを取り扱い Core i7-1195G7を搭載

ITmedia PC USER / 2021年9月28日 14時17分

写真

GPD WIN3

 天空は9月28日、GPD Technology製ミニPC「GPD WIN3」新構成モデルの取り扱いを発表、本日販売を開始する。ストレージ容量の差異で1TB SSD搭載モデルと2TB SSD搭載モデルを用意。同社直販価格は1TBモデルが14万4800円、2TBモデルが17万4800円だ(税込み)。

 従来モデルをベースに搭載CPUを変更したモデルで、Core i7-1195G7(4コア8スレッド、2.9GHz/最大5GHz)を採用し処理能力を引き上げているのが特徴だ。

 基本仕様は従来同様で、1280×720ピクセル表示対応の5.5型液晶ディスプレイとゲームパッド一体型筐体を採用、スライド式キーボードも搭載した。メモリは16GBを内蔵、Wi-Fi 6無線LAN/Bluetooth 5.0、microSDXCスロット、HDMI 2.0b出力、USB Type-Cポートなども備えた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング