セルフでも簡単!ブリオンでアートするネイルデザイン特集

Itnail / 2019年10月12日 7時0分

セルフでも簡単!ブリオンでアートするネイルデザイン特集

ネイルアートに欠かせないアイテムといっても過言ではない、ブリオン。今回は、ブリオンを使ってアートするネイルデザインをご紹介します。セルフでも簡単にアートできるデザインばかりですので、日々のネイルアートの参考にしてくださいね!

シンプルネイルにブリオンを数粒ON♡

I nails (アイネイルズ)

I nails (アイネイルズ)

via itnail.jp
ブリオンというと、ストーンやパールと一緒に使ったり、ブリオンで何らかの模様を描いたり、といった使い方が一般的ですよね。しかしブリオンは、数粒を爪にONするだけでも素敵なネイルを作ることができます。

例えば、スキンカラーを使ったワンカラーネイルを基本として、好きな部分にブリオンを1~3粒ほどプラスするデザインはいかがでしょうか。指を動かす度にブリオンが上品にきらめく、素敵なネイルに仕上がりますよ♪

爪先や爪の根元部分に、ブリオンを1粒だけONするデザインもいいですよね!
LOBAL

LOBAL

via itnail.jp

ブリオンを並べてアートするリボンネイルも可愛い♡

Venir (東京・板橋)

Venir (東京・板橋)

via itnail.jp
ブリオンは、これを並べてリボンモチーフを作ることもできます。例えば、お好みの色でベースカラーを塗った爪に、ブリオンを並べて三角形を2つ作り、その頂点を向かい合わせてリボンモチーフを作るデザインはいかがでしょうか。

シンプルなワンカラーネイルにリボンモチーフを1つONしたり、小さめのリボンモチーフを3~5個ほど並べてPOPで可愛いデザインに仕上げたりというように、色々なデザインを作ってみてくださいね!

リボンモチーフは、その中をブリオンで敷き詰めてもいいですし、小さめのブリオンを並べて輪郭を作ってもいいでしょう。
ネイルサロン ナシノキ (大阪)

ネイルサロン ナシノキ (大阪)

via itnail.jp

ブリオンを使ったフラワーネイルで上品に♡

Roca Nail 福島市

Roca Nail 福島市

via itnail.jp
ブリオンを使ったネイルは、フラワーデザインを取り入れて作るのもおすすめです。

ベースカラーを塗った爪にブリオンを並べて大きなフラワー柄をアートしたり、ブリオンを3~5粒ほど並べて小花柄をアートしたり。ブリオンの並べ方や使用する数によって、できあがるフラワーモチーフの質感もかなり変わってきます。

お花の中心にストーンを配置したり、ブリオンで作った小花にワイヤーの茎とリーフ型スタッズをプラスして一輪の花を表現したり。組み合わせるパーツによっても、色々なデザインを楽しめそうですね。

フラワーネイルというとエレガントなデザインや可愛いデザインをイメージしがちですが、ブリオンやメタルパーツを使ってアートする大人カッコいいデザインにも、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?



Itnail編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング