妊娠中の頭痛、痛み止めは毎日飲み続けても大丈夫?

イクシル / 2019年7月25日 12時0分

写真

妊娠中の体調不良で薬が必要になる機会はあると思います。今回は妊娠10週のママからの相談です。「頭痛で産科医から処方された薬をほぼ毎日飲んでいますが、このまま続けても大丈夫ですか」とのことです。専門家たちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「妊娠中の頭痛で痛み止めをほぼ毎日飲んでいるけど大丈夫?」 『私は妊娠前から頭痛がひどくて鎮痛剤を常用していました。妊娠したら頭痛が良くなる人もいると聞いていましたが、頭痛はより酷くなり毎日痛むようになりました。産科医に相談したら、妊婦でも飲んで大丈夫な薬を処方してもらいました。弱い薬だから、痛くなるようなら早めに飲んでくださいと言われました。その後頭痛がする時には薬を飲んでいるのですが、ほぼ毎日飲んでいます。診察のたびに処方してもらっています。医師は大丈夫と言っていますが、このまま続けていても大丈夫でしょうか?(30代・女性)』

副作用などの説明を受けていなければ確認することが大切です。

処方されたお薬の副作用などについて説明を受けていなければ、主治医に確認してきちんと理解した上でお薬を続けるかどうか決めることが大切とのことです。

『妊娠初期で体調も不安定になりやすく、マイナートラブルが多いのではないかと思います。鎮痛薬を処方してもらう際に、副作用や赤ちゃんへの影響について詳しい説明を受けましたでしょうか。万が一、説明を受けていない場合、副作用などについて聞いてみましょう。不安な気持ちは産科医にきちんと伝えて、副作用など理解した上で内服するかどうか決めていきましょう。(看護師)』

毎日飲んでいることを主治医に伝えて解決策を見つけましょう。

頭痛の症状がひどければ服薬する必要はありますが、毎日飲んでいることをきちんと主治医に伝えて解決策を見つけていくようアドバイスをいただきました。

『頭痛の程度はどのくらいでしょうか。痛みが強く、食欲がわかないなど日常生活に支障をきたすほどになるようであれば、医師の指示通り内服をしても良いかと思います。薬なのでできれば飲まないことに越したことはないですが、大切なのはママの体調が整うことです。産科医に毎日飲んでいることを伝えて解決策を見つけていけると良いですね。(看護師)』

アセトアミノフェン(カロナール)なら安全性が高く、安心です。

妊娠中の頭痛に対する鎮痛薬の第一選択であるアセトアミノフェン(カロナール)であれば、安全性が高いので安心とのことです。

『飲まれているお薬の名前がわからないので飲み続けても大丈夫と安易にお答えすることはできませんが、かかりつけの産婦人科医が処方しているのでおそらく大丈夫だとは思います。妊娠中の頭痛に対する鎮痛薬の第一選択はアセトアミノフェン(商品名:カロナール等)が有名です。弱いお薬を飲まれているとのことなので、もしカロナールを処方されているようであれば、おだやかな作用の鎮痛薬のため安全性が高いので安心はできます。(看護師)』

納得がいくまで医師や薬剤師に確認・相談することが大切です。

不安があるならば、医師や薬剤師に納得がいくまで確認・相談をしてみるようアドバイスをいただきました。

『実際に働いていて患者さんをみていても妊娠中に頭痛が酷くなり出産されるまでずっと頭痛の鎮痛薬を内服されている方はよくみえます。みなさん何もなく、無事に元気なお子さんを出産されていますが、心配であれば医師や薬剤師に納得がいくまで確認・相談されるのが一番だと思います。(看護師)』

妊娠中の服薬はお腹の赤ちゃんに影響が出るのではと心配ですが、ママの体調管理も大切です。不安があれば主治医や薬剤師にきちんと確認して、納得した上で服薬しましょう。

参考:
くすりの適正使用協議会「妊娠・授乳とくすり」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング