夏休みの予定が未定のパパママ必見!お出かけトレンド発表!

イクシル / 2019年7月25日 20時0分

写真

「いこーよ」が2019年夏休みのお出かけトレンドを発表!

多くの時間を家族で一緒に過ごす夏休み期間は、一年の中で最もお出かけ需要が高まるシーズンです。そこで、アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区、代表:下元敬道)が企画運営する、国内最大級の子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」(https://iko-yo.net)は、2019年の夏休みシーズンを迎えるにあたり、この夏の子どもとのお出かけがさらに楽しくなることが期待できるスポットやイベントをキャッチし、トレンドレポートとしてまとめました。
今回は、夏休みにおすすめのイベントから話題の最新施設、子どもが夢中になる遊び、注目のお出かけ情報など、4つのトレンドに分けてご紹介します。

トレンドその1、「DINO-A-LIVE」の恐竜イベント

夏休み恒例の大人気イベントの一つが、“恐竜”をテーマにしたショーやライブです。なかでも、恐竜が本当に生きているかのように動く「DINO-A-LIVE」(ディノアライブ)を使った恐竜イベントは、今年も含めて近ごろのトレンドになっています。
「DINO-A-LIVE」は、日本の造形美術会社「ON-ART」が生み出した世界初の体験型恐竜ライブです。人間の力と電気の力を使って動く「DINO-TRONICS」というシステムによって、世界初の自立二足歩行を可能にし、リアルな動きを実現しました。恐竜が目の前を動く姿は、子供はもちろんのこと、親も圧倒されるレベルです。
また、動く恐竜ショーとしては、6年ぶりに日本で開催される「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー」や、USJで今年から新たなショーとして加わる「マイ・フレンド・ダイナソー」に注目です。

トレンドその2、子供も大人も遊べる「大型ネットアスレチック」

子供が大好きな遊びの1つが、体を思い切り動かせるアスレチックです。新感覚のトレンドが、自然豊かな屋外で楽しめる「大型ネットアスレチック」です。
地上から10mほどの高さに大型ネットが張り巡らされていて、施設によってはロープや迷路、トンネル、吊り橋、ボール遊びなど、様々な遊びが体感できます。ネットは漁網を使った丈夫なものが多く、安心安全なうえ、ハーネスなどを付けずにできるので、幼児から大人まで気軽に楽しむことができます。
2019年の今年は、ムーミンのテーマパークで話題の「メッツアビレッジ」(埼玉県狭山市)内に「ファンモック」、「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」(神奈川県相模原市)内に「ハッスルスパイダー」といった屋外の大型ネットアスレチックが続々オープンしています。

トレンドその3、海上&水上アスレチックが全国各地にオープン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング