赤ちゃんに母乳以外の水分をあげるのはいつごろから?

イクシル / 2014年10月22日 18時0分

写真

生後7カ月の赤ちゃんを母乳だけで育ててきて、先日から離乳食を始めました。離乳食のあと、母乳以外の水分を与えるタイミングについて知りたいママからの相談です。

7カ月の赤ちゃんを子育て中のママからの相談:赤ちゃんの水分補給について

『生後7か月の子どもの母です。出産した病院で白湯など与える必要はないといわれ、今まで母乳以外の水分は与えていません。そろそろ母乳以外の水分も与えた方が良いのかと疑問に思っています。いずれはストローやコップで飲む練習もと思います。母乳以外の水分はいつごろから与えるのがベストなのでしょうか?母乳の摂取量が減ってしまうのではないかという心配もあり、まだ与えられずにいます。(30代、女性)』

生後7カ月は食に興味が出てくる絶好のタイミング。スプーン一杯から始めてみて

母乳以外の水分補給を始める時期ですが、生後7カ月よりも早くからお茶や果汁を与えている人もいるようです。そのため7カ月頃から与えることに問題はありません。はじめは少量からあげて徐々に量を増やしていくのがポイントです。

『7カ月であればもう飲ませてあげても構いません。お茶や、果汁など色々な味を感じさせてあげてはどうでしょうか。ただし、母乳の代わりの水分という考えではなく、最初はあくまで味を経験させる程度でいいと思います。ですので、母乳以外の水分は最初は大さじ約一杯の量を食事の時に与えてみる程度で構わないと思います。(助産師)』

『離乳食の中にも水分が多いものも含めて与えるようにするといいのではないかと思います。 量よりも哺乳瓶・スパウロ・ストローなどおっぱい以外から水分を飲むことに慣れさせることを中心に行うといいでしょう。 (一般内科看護師)』

母乳は欲しがったらあげてもOK。ストローの練習は焦らずゆっくりと。

母乳以外の水分をたくさん飲んでしまうと、母乳を飲む量が減るのではないかという心配ですが、多少飲む量が減っても飲めているのなら大丈夫です。離乳食が進むにつれ自然と母乳を飲む回数は減っていくので、生後7カ月の段階で無理に母乳をやめる必要はありません。ストローはコツをつかむまで上手く飲めないかもしれませんが、まずはスプーンで飲むところから始めてみましょう。

『母乳の摂取量については、一切母乳を飲まないなどの急な変化がない限り、特に神経質に考える必要はないと思いますよ。(看護師)』

『母乳には水分だけでなく、免疫や腸内環境を整えるための栄養など含まれていますので、今まで通りほしがるだけあげてもらっても構いません。ストローやコップの練習は焦らなくてよいと思います。自分でしっかりコップをつかむようになってきたり、スプーンからうまく飲めるようになってきてからでも遅くはないです。(助産師)』

初めて与える飲み物や食べ物にママは不安になってしまいますが、赤ちゃんの様子をみながら少量ずつあげてみれば大丈夫。お風呂あがりや離乳食のあとで喉がかわいたかな?と思ったら試しに白湯やお茶を飲ませてみましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

トピックスRSS

ランキング