妊娠中に発熱、どの科を受診すべきか基準を教えて

イクシル / 2014年10月23日 8時0分

写真

現在、妊娠6カ月です。数日微熱と倦怠感が続き、妊娠中のためどの科を受診すべきか悩むうちに熱が下がりました。妊娠中の発熱は、何科を受診すれば良いか基準があれば教えて欲しいという相談がありました。看護師さんたちはなんと答えているのでしょうか。

ママからの相談:「妊娠中に発熱した場合、何科を受診すれば良いでしょうか?」

『現在妊娠6カ月の妊婦です。先日、原因不明の発熱があり、受診すべきか否か大変悩みました。鼻やのどの症状は一切なく、37.5度前後の発熱と倦怠感が3日続きました。風邪なら内科に行きますが、風邪でもなさそうで、熱も37度台でしたので内科か産婦人科に行くべきか、それとも様子を見るべきか悩んでいるうちに3日が経ち、熱も下がりました。38度を超えたら産婦人科に連絡しようと考えていました。妊娠中の発熱は、どの程度なら何科を受診するべきという、基準はありますか?(30代、女性)』

発熱が続く場合は、病院の受診をご検討ください。

母体が発熱すると胎児が体温調整が難しくなるため、発熱が続く場合は受診を検討するようアドバイスがありました。 『倦怠感を伴う発熱が3日間続いたとのことなので、風邪だったと考えられます。今回は、幸い高熱になることもなく、症状も良くなったとのことで安心ですが、お母さんの発熱は胎児に影響します。胎児の体温は、お母さんのの体温より0.5度高いと言われています。また、胎児は常に代謝熱を産生しており、この代謝熱は臍帯や胎児の皮膚から、胎盤を通じて母体や羊水などに放出することで体温を調節しています。お母さんが発熱した場合、羊水温もあがるため胎児は熱を放出できず、胎児体内に熱が蓄積してしまいます。母体の発熱は少しであれば問題ないと言われていますが、熱が続いた場合は病院を受診してください。(産科・婦人科、一般内科看護師)』

妊娠中の病気は、まず産科に連絡して指示を受けましょう

産科医のほうが妊婦に使える薬を熟知しています。まずは、かかりつけの産科に連絡し、どこで受診すべきか指示を仰ぐようアドバイスがありました。

『まずは普段かかっている産科に連絡をしてください。多くの場合、その産科に受診することになります。風邪の場合は、普通は内科を受診しますが、妊娠中は産科で診察することがほとんどです。妊娠中は、飲んで良い薬と避けたほうが良い薬があります。内科の医師の中には、妊婦が内服して良い薬がどうかわからず、熱が高かったとしても妊娠中だから薬は控えましょう、と言う医師もいるようです。妊婦に使える薬は初期、中期など妊娠時期によって変わりますが、産科の医師はその点を熟知しています。(産科・婦人科、一般内科看護師)』

『胎児の状態は他科の医師には判断しづらいものがあるため、まずはかかりつけの産科を受診してください。かかりつけの医師ですと、母体や胎児の状態を把握しておりますので、他科との連携が必要な場合もスムーズです。(産科・婦人科看護師)』

妊娠中の体調不良は赤ちゃんへの影響も心配なものです。病気かなと感じたら、かかりつけの産科に連絡をご検討ください。お大事になさってくださいね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

トピックスRSS

ランキング