牛肉を食べさせていない。子供の発達に影響はある?

イクシル / 2014年10月31日 8時0分

写真

3歳と0歳の子供を持つママが、お子さんの食事について悩んでいます。節約のため、肉類は牛を買わずに豚と鶏のみ、魚類は鮭と鯖など同じものしか食べさせていないそうです。発達に問題はないか、食生活と子供の成長の関係性で悩むママに、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか

30代ママからの相談:「牛肉を食べさせていません。魚も同じ種類のみ。この食生活で子供へ影響は?」

『3歳と0歳の息子がおります。共働きですが、収入も少なく食費を抑えて生活しています。肉類は牛肉は買わず、豚・鶏で魚も鮭か鯖位しか買いません。保育園も、牛肉は安全面を考慮し出さないので、口にするとしたらたまの外食時だけです。 このままの食生活で大丈夫なのか不安です。牛肉も食べず、魚も同じ種類だけでも子供の発達に影響はないのでしょうか?サプリメントなどで補った方がいい栄養などありますか? (30代、女性)』

牛肉以外の食品で補えていれば、気にしなくてOK!

牛肉は確かに栄養豊富な食材です。けれども牛肉を食べなくても、他の食品でタンパク質が補えていれば、気にすることはないでしょう。牛肉に豊富に含まれている鉄分も、小松菜・海草類・貝類など別の食品から補うようにと教えてくれました。

『牛肉を食べない事での身体への影響ですが、他のタンパク源でバランス良く補えているのであればさほど気にしなくても良いと思います。鉄分も小松菜やひじきなどの海草類、貝類からも補えますし、外食で口にする程度でも問題ないように思えます。サプリメントも子供の時期はそれほど必要ないと思います。 お魚、特に青魚には脳に良い栄養素がたくさん含まれますし、とても良い事だと思います。(産科・婦人科看護師)』

4つの基礎食品を毎日バランスよく摂ることが大切

少量の牛肉で間に合う料理や、しらすや煮干しを日々の食生活に取り入れてはいかがでしょう。大切なのは、身体を作りあげる4つの基礎食品をバランスよく食べることだと教えてくれました。

『鮭と鯖について、お魚は食べない・食べられないよりずっといいでしょう!牛のそぼろなど少量でできる料理でもお子様は喜ばれると思います。しらすや煮干しもおすすめです。
①乳・乳製品(チーズやヨーグルト)・卵
②魚介・肉・豆・豆製品
③野菜・海草類・イモ類・果物
④穀類(米やパン、麺類)・油脂・調味料
これらの4つの基礎食品を毎日バランスよくお選びになれば大丈夫ですよ。(一般内科看護師)』

『鶏肉は、牛肉に比べカロリーや脂肪の含有量もかなり低く、心疾患の原因になると言われている飽和脂肪酸を含まれていません。タンパク質を補給することを考えるのなら、実は鶏肉が一番健康的なのです。ご心配されなくとも、健康に良い食事をなさっているということです。(一般内科看護師)』

身体づくりに必要な栄養素は、さまざまな食品を通して補えば問題ないとのこと。ですから、子供のうちはサプリメントに頼る必要はないでしょう。特定の食品を使わないことより、栄養バランスを心がけることの方が大切なようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

トピックスRSS

ランキング