気になる目尻のシワやほうれい線。何かよい対策はない?

イクシル / 2014年11月7日 18時0分

写真

まだ20代なのに同年代の友人たちと比べ、顔のシワやほうれい線が目立つという相談をいただきました。ダイエットはしていても特別顔が痩せたわけではないのですが、看護師さんたちはなんと言っているのでしょうか。

顔のシワについての相談:「20代なのにシワが多くて老けて見えます。改善策はありますか?」

『私はまだ20代ですが、周りの友人たちよりも顔のシワが多くほうれい線もあり、何と言っても目尻のシワが気になります。ファンデーションの下に、クリームを沢山塗ったり美容液をつけても効果はありません。急激なダイエットが原因かなと思いましたが、顔が特別痩せた訳ではなく極度の乾燥肌でもないです。せめて年相応に見えるようになりたいのですが、どうすればよいでしょうか。(20代・女性)』

無理なダイエットが原因のことも。バランスのとれた食事を心がけて

極端なダイエットは、栄養不足になり肌にもよくありません。野菜中心にしつつ肉類も摂り、バランスのよい食事と適度な運動を心がけましょう。

『無理なダイエットは、栄養が不足すると肌にもよくないです。たっぷりの睡眠とバランスのよい食事、適度な運動をして便秘にならないよう温かい水分を多めにとりましょう。肌あれには亜鉛やビタミンCなどのサプリや、味噌や納豆などの発酵食品、コラーゲンを含む鶏肉などもよいでしょう。(看護師)』

シワができやすいのは、体質が関係していることも

皮膚の厚みは人によって個人差があり、シワができやすい・できにくいというのは、もともとの体質が関係しているようです。効果に即効性を求めるなら、美容整形を受けるのも一つの手ですが、保険適用外のため費用は高額になることが多いです。

『顔の皮膚の厚さや脂肪のつき方には個人差があり、多くは体質によるものです。極度の乾燥肌ではなくても、皮膚の厚みやハリの違いでシワの深さは変わってきます。早い方では10代からシワが出るので、20代では決して早すぎるわけではありません。(看護師)』

『ほうれい線に関しては、ヒアルロン酸注入が手軽かつ手頃でしょう。メリットはダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)が短いこと、デメリットは体内吸収されるため何度も注入が必要なことなどです。価格は2万~20万円程度、持続期間は長くて約半年です。小ジワでしたら血小板を注入する方法もありますが、これも1回で効果が出にくく費用は約10万~30万円です。 (美容外科看護師)』

『脂肪注入の場合、一度定着すれば半永久的な効果が望めますが、1回でどの程度定着するか施術してみないとわかりません。また脂肪移植なので、滅多にないですが感染などのリスクがあり、費用は約10万~50万円です。(美容外科看護師)』

『アンチエイジングの基本は保湿とUVケアです。冬でも雨でも家の中でも日焼け止めを塗り、肌をこすらないこと(美容液などを塗りこむよりも肌を触らないことが保湿に繋がる)が重要です。化粧品は所詮化粧品で、全否定するわけではないですが、皮膚の深い部位まで効果が出るのは医薬品です。(美容外科看護師)』

極端なダイエットは栄養不足となり、肌に負担を与えてシワの原因になってしまうことも。食べ過ぎに注意しながらも、バランスのとれたメニューにすることが大切なようです。美容外科的な治療に関しては、最近は色々な方法があるようなので、頭にいれておくとよいかもしれませんね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

トピックスRSS

ランキング