栄養のプロが選ぶ、安くて高栄養価の食材ベスト3!

イクシル / 2014年11月10日 17時45分

写真

「家族においしく、栄養価のあるごはんをたっぷり作ってあげたい」。料理を作る立場なら、誰もがそう思うもの。とはいえ、最近は悪天候による農作物の高騰や消費税の増税により、食費は上がる一方。「ちょっとでも安くごはんを作りたい」という本音もあり、毎日の買い物には本当に頭を悩ませてしまいます。

限られた予算の中で、日々栄養バランスの取れた献立を考えている栄養のプロ、管理栄養士の方々に“栄養価と安さ”という一見相反するような条件を両立できる食材があるのか聞いてみました。

管理栄養士が選ぶ「コストパフォーマンスの高い食材」とは!?

5万人の管理栄養士・栄養士が集まるWebコミュニティ「エイチエ」で、20歳~69歳までの管理栄養士さんにアンケートをした結果、価格の割に栄養価が高い、つまり、コストパフォーマンスが高い食材は、圧倒的大多数の得票を集めて「玉子」であるとわかりました。

『【コスパの高い食材ランキング】(複数回答あり)
 1.鶏卵  73%
 2.豆腐  31.9%
 3.鶏肉  26.5%
 4.納豆  23.9%
 5.牛乳  13.3%


鶏卵は「値段は加味せず栄養価が高いと考える食材」ランキングの1位(72.6%)にもランクイン。
次点以下の牛乳(21.2%)や鰻(19.5%)、豚肉(16.8%)や魚(15.9%)を大きく引き離して、圧倒的な存在感。鶏卵が1位に選ばれた理由として、価格が安定しており、安価でありながら豊富な栄養素を含んでいる上に、使える料理が幅広いことが上げられました。

2位の豆腐は「節約しつつボリューム満点の料理を作りやすいオススメ食材」にも選ばれており、安価でありながら栄養豊富で使える料理の幅広さとボリュームアップに使えるところが高く評価されたようです。

節約しつつ栄養バランスのよい献立作成のポイントとは

ランキングされた食材を使って献立を作る際のコツとはどのようなものなのでしょうか。

『【節約と栄養バランスを兼ね備えるポイント】(複数回答あり)
 1.一汁複菜      46.9%
 2.野菜の摂取     32.7%
 3.たんぱく質の摂取  18.6%
 4.旬の食材の使用   15.9%


旬の食材は美味しいだけでなく、栄養価がもっとも高く、またその時期の身体が欲する栄養素を兼ね備えた状態にあります。そんな旬の野菜を取り入れ、玉子や豆腐でアレンジした料理を心がけると、身体にも家計にも優しいということのようです。

>>詳しいアンケート結果はコチラから!


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング