生理痛と更年期障害では、どちらの方が辛い症状なの?

イクシル / 2014年11月16日 15時0分

写真

生理痛が重くて辛いという相談者の方ですが、母親から「更年期障害の方がもっと辛い」と言われ戸惑っているようです。生理痛と更年期障害の辛さは比べることができるものなのか、看護師さんたちに話を聞いてみました。

生理痛と更年期障害についての相談:「生理痛と更年期障害の辛い症状。比べることはできるの?」

『私は24才で生理痛がきつくて苦しんでいるのですが、母から、生理よりも更年期障害の方がずっと辛いと聞きました。私は生理痛も強く便秘にもなるし、イライラしてこれ以上辛いものはないと思っていますが、母曰く、更年期の方が精神的不安が大きく、イライラも生理より強いそうです。更年期障害はそれ程すごいものなのでしょうか。それとも人によりけりなのでしょうか。(20代・女性)』

それぞれに個人差が。どちらが辛いとは一概に言えません

生理も更年期障害も、症状の重さなどには個人差があります。また痛みの程度や障害の辛さに関しては、感じ方の違いもあるので、どちらの方が辛いとは一概に言えないのではないでしょうか。

『根本的な原因は体内のホルモン量の変化ですが、これに加え他の疾患が合わさったり、性格的な傾向(ネガティブ思考)や、更年期障害が起きる年代特有の周囲の環境変化(例えば夫の退職・親の介護・子供の受験や巣立ち)が合わさって、その人それぞれの症状が出るようです。症状の受け取り方も、痛みひとつとっても人それぞれですから、一様に生理より更年期が辛いとも言えないのではないでしょうか。(看護師)』

『生理痛および更年期障害ですが、その程度は個人差が大きく、また生理痛がひどいからといって更年期障害もひどくなるとは限りません。要は女性ホルモンのバランスの違いとなってきます。それぞれの症状にあった治療法がありますので、お辛いようであれば、一度産婦人科でご相談されるとよいかもしれません。(婦人科看護師)』

精神的な面が影響することも。不安を取り除くことが大切

精神的に不安なことがあると、生理痛や更年期障害の症状に影響することもあるようです。できるだけ不安を取り除き、リラックスできるように過ごすことが大切ではないでしょうか。

『周囲の人から見てその症状がわかりにくいので、ご家族含め周りの理解があるかないかによっても、辛さが軽減されたりするのではないでしょうか。また更年期障害については、ホルモン補充療法や漢方など、色々と治療法対症法がありますので、検討されるのもよいかもしれません。(看護師)』

『精神的な不安が、生理痛や更年期の症状を助長することもあるので、規則正しい生活(睡眠・食事・適度な運動)が大切です。個人差が大きい症状なので、周りの理解を得るのが難しいこともありますが、辛さを溜め込まず婦人科で相談してみてはいかがでしょうか。(婦人科看護師)』

個人差があるとはいえ、生理も更年期障害も、どちらも辛い症状であることに変わりはありません。程度の違いは人それぞれですが、不安を取り除いて楽に過ごすためにも、心配なら一度婦人科で相談してみるとよいかもしれません。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

トピックスRSS

ランキング