生理不順は、生活習慣を変えることで改善できる?

イクシル / 2014年11月17日 18時0分

写真

初潮が始まって以来ずっと生理不順で悩む相談者の方は、通院中ですが改善の兆しがなく、基礎体温表をつけても高温期が短いことを気にするばかりだと言っています。この悩みに対し、看護師さんたちは何と答えているのでしょうか。

生理不順についての相談:「通院中ですが生理不順が治りません。何か改善策はある?」

『初潮の時からずっと生理不順です。婦人科の医師に勧められ基礎体温を測り始めると、高温期が短く黄体機能不全だと診断されました。独身で妊娠を希望していないため本格的な治療をせず、漢方薬は処方されていますが改善しません。むしろ基礎体温を測り始めてから、高温期が短いことを気にしすぎているのか生理が止まることもあり、基礎体温を測るのを一度やめるべきか悩んでいます。(30代・女性)』

身体の冷えや食事など、生活習慣の見直しは大切

生理不順はホルモンバランスが関係しているので、普段の生活を見直してみるのはよいことです。身体の冷えやストレスが原因でホルモンバランスが乱れることもあるので、生活環境を整えることから始めてみるとよいかもしれません。

『身体の冷えや自律神経の乱れは、ホルモンバランスに影響することがあり、生活習慣の見直しは大切です。子宮や卵巣が冷えると血液循環が悪くなり、生理不順や黄体機能不全、無排卵になることも。身体の冷えは、高温期を維持するだけの体温がなくなるといわれています。(婦人科看護師)』

『半身浴や、下半身の関節・筋肉を動かすストレッチは、骨盤内の血流が増え卵巣の機能が改善します。そして質のよい睡眠、身体を冷やす食べ物の摂り過ぎに注意し、黄体ホルモンの活発化に効果的だとされているビタミンEを含む食品(煎茶・玄米・うなぎ・かぼちゃなど)を、他の食材と一緒にバランスよく摂りましょう。(婦人科看護師) [answerbox]ストレスを溜めず食事や睡眠・入浴など、体内の働きを整えていくことを意識すると何か変化があるかもしれません。医師に、今の治療法以外に方法はないか相談してもよいでしょう。 (管理栄養士)』

『私の場合かかと周辺のツボを押すと、翌月から数カ月は不思議と周期が整います。ツボ押しの本などを参考に試してみる価値はあると思います。(看護師)』

基礎体温表は、身体の変調を知る目安に

基礎体温を測ることがストレスになってはいけないので、一時中断してもよいのではないでしょうか。しかし、基礎体温は身体の変化などを知る目安になるので、しばらく経ってから再開するのもよいでしょう。

『基礎体温は身体の変化を見るために測った方がよいですが、毎朝体温をみて気分が左右されストレスになるなら、少しの間止めてもよいのではないでしょうか。(管理栄養士)』

『生理不順は黄体機能不全からくるので、治療しなければ改善しにくいようです。ピルの内服なども含め、再度産婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。(婦人科看護師)』

『女性ホルモンのバランスをみるには、基礎体温が一番です。基礎体温の計測をやめたからといって生理が順調にくるものでもないと思うので、このまま継続した方がよいのではないでしょうか。(婦人科看護師)』

ホルモンバランスの乱れが生理不順に関係しているようなので、まずは生活習慣の見直しから始めてはいかがでしょうか。基礎体温の計測については、ストレスになってはいけませんが、できる限り継続した方がよさそうです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング