おうちが散らかってて…という子育てママにやってほしいたった1つのこと

イクシル / 2014年12月4日 18時0分

写真

こんにちは。妊婦さん、産後ママのための出張リフレクソロジー~みまもりリフレ~代表の熊野です。

みまもりリフレは、ご自宅にお伺いして、産後ママや妊婦さんにリフレクソロジーを受けていただくサービスです。

なので、当然のことながら、スタッフはお客様のご自宅にお伺いします。
そのため、こんな質問をいただくことがあります。

『「お部屋が汚いんですけれど、大丈夫ですか?」と。』

このご質問へのお答えは、もちろん、「大丈夫ですよ♪」なんですが、このように質問されたり、感じたりするママに、ぜひやっていただきたいことがあります。

それは、お部屋の掃除・・・ではなく!! 「完璧主義をやめてみること!」^^

正直に申しますと、お部屋が汚くて・・・とご相談いただくママのご自宅に いざお伺いすると、たいてい我が家よりもきれいです(笑)。

こんなに散らかっている家は、誰にも見せられない、と考えているママさんは、 みなさんとてもきっちりされていらっしゃるんですね。

しっかりしているママは素敵ですが、産後くらい緩まないと、体や心にどんどん 負担がかかります。 掃除しなきゃ、きれいにしなきゃ、恥ずかしくないように家を整えなきゃ・・・

これって、全部「●●すべき」という考え方です。

私ももともと完璧主義な人間なので、その気持ちはよ~くわかります。
けれども、人生において、~すべき、ことなんて、実はそれほど多くないのです^^;

これからの長い子育て生活、理想と現実がぴったり合わないことなんて、本当に山のようにあります。

まずは、常にきれいにしていなきゃ!、という「べき」から自分を解き放ってみませんか?

多少散らかった家でも大丈夫!と思えると、結構いいことがあります^^

人を呼ぶことが気にならなくなるので、ご近所さんやママ友、子どもの友人、 そして家事代行などの外部業者さんなど、人との交流が生まれます。
災害時など、近所の方との交流があると、思わぬ助けになることも。
何より、完璧主義を手放すと、子どもの素敵なところがたくさん見えてきます^^

現代の女性は、家事や育児、それに仕事、と責任を担う場面が増えています。

「きちんとやりたい」と思う気持ちは素晴らしい!

だけど、もしそれが「きちんとやらなきゃ!」だったら、少しだけその気持ちを、 手放してみませんか?

執筆者プロフィール
熊野 薫
1974年生まれ。同志社大学文学部文化学科心理学専攻卒。2002年より、リフレクソロジストとして、大手サロンにて勤務。インストラクターも兼務しながら、約1300名の顧客を担当する。 その後、起業を目指し、総合人材支援企業、IT企業などで、キャリアコンサルタントや人事担当として勤務。

2009年に男児出産。
肉体的ダメージや、精神的な不調といった、産後特有のトラブルを自らも体験したことで、 2012年11月、妊婦・産後ママのための出張リフレクソロジーサービス「みまもりリフレ」を立ち上げる。

全国でも珍しい出張専門のママサービスに加えて、訪問時には赤ちゃんや子供を見守る専任の保育担当を同行する。 「自宅なのでリラックスできた」「子供を見守ってくれる人がいるので本当に安心できた」「ぐっすり眠れた」とプレママや産後ママから、 サービス開始以来数百件の感謝の声をいただく。

現在はサービスに従事するセラピストや保育担当の育成を通じて、女性の短時間就労支援を行うと同時に、産前産後ケアの専門セラピストとして、様々なママの相談にも応じている。

ブログ:妊婦・産後ママのための保育つき出張リフレクソロジー みまもりリフレ
Facebookページ:みまもりリフレ~ママのための保育つき出張リフレクソロジー~

イクシル

トピックスRSS

ランキング