赤ちゃんの肌にステロイド剤。色素沈着の心配はない?

イクシル / 2014年12月25日 15時0分

写真

赤ちゃんの肌はデリケートなので、かぶれや湿疹等のトラブルに悩むママも少なくないのではないでしょうか。皮膚科でステロイド剤を処方されましたが、色素沈着が心配だというママに対する看護師さんたちの回答とは。

ステロイド剤についての相談:「5カ月の子供にステロイド剤が処方。色素沈着などが心配です」

『5カ月の娘の頬や顎や首周りが赤くなり、ぷつぷつと湿疹も出始めました。病院でヨダレかぶれとの診断を受け、保湿用のワセリンとステロイド剤であるアルメタ軟膏0.1%が処方されました。主人にその話をしたら、ステロイド剤は肌に沈着するから塗らない方がよいと言われ怖くなり、1日1回薄めにつけています。赤ちゃん用なので極薄いステロイド剤だそうですが、続けて使用すると色素沈着するのでしょうか。(30代・女性)』

ステロイド剤は、医師の指示通りに使用すれば問題ないでしょう

ステロイド剤はちょっと……と思う人もいるかもしれませんが、医師の指示通りに用法用量を守って使用すれば怖い薬ではないと、看護師さんたちが説明してくれました。1週間ほど使用し効果がなければ、再度医師に相談するとよいでしょう。

『ステロイド剤は、ご存じのように強い薬と言われていますが、もともと体内にあるホルモンです。長期にわたっての使用は皮膚が委縮して薄くなったり、毛細血管が拡張し内出血をおこすこともありますが、医師の処方、用法を守って使用すれば特に問題はないでしょう。(産科看護師)』

『ホルモン剤は色々な副作用がある怖い薬と思われがちですが、使用方法を守り長期に使用しなければ、安全で効果的な薬です。1週間使用してみて、効果がなければ薬を変えてもらう必要があるので、何か不安なことや疑問点などがあれば必ず主治医に相談してください。(内科看護師)』

『アルメタ軟膏の副作用には皮膚の色素沈着はないですし、また肌に残ることもありません。副作用として起こりうるのは、頭痛・目のかすみ・目の痛みなどですが、これは、1週間以上の長期にわたり広範囲に使用した場合や、まぶたに塗った場合です。(看護師)』

『塗る時は患部にだけ薄く塗るようにし、症状が落ち着いたら使用を止めて様子を見てください。軟膏をつけないがために症状が悪化するより、早く治してあげた方がよいと思います。(産科看護師)』

ステロイド剤は用法用量を守り、医師の指示に従って使用する分には、安全で効果的な薬だと看護師さんは言っています。しかし赤ちゃんの肌に直接塗る薬なので、慎重になってしまいますよね。不安や疑問点などがあれば、担当医に直接尋ねてみるのもよいでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング