1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

「どん兵衛」と「U.F.O.」がまさかの“入れ替え”! ネット民ドン引き!?「入れ替えなくてもいいってw」「何件か苦情きそう」

iza(イザ!) / 2021年5月4日 17時7分

「日清のどん兵衛」と「日清焼そばU.F.O.」の美味しさをそれぞれ入れ替え

 日清食品が同社を代表するロングセラー「日清のどん兵衛」と「日清焼そばU.F.O.」の美味しさをそれぞれ入れ替えた新商品、「日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん」と「日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば」を10日に発売する。看板ブランドによる異色のコラボにネット民は「興味はあるんやけど」などと動揺しているようだ。

 ともに1976年に発売された「どん兵衛」と「U.F.O.」は、同社が誇る和風カップ麺とカップ焼そばの代表格ともいえる存在。今回、発売45周年を記念し、2つのブランドを“入れ替えて作ったらうまかった件”として特別コラボを実施した。

 「日清の汁なしどん兵衛-」は、「どん兵衛」ならではのもっちりとした麺に「U.F.O.」の“濃い濃い濃厚ソース”を絡ませた、やみつきになる味わいの「どん兵衛」。青のりと紅しょうがに七味を合わせた“U.F.O.ふりかけ”を加えることで、ピリ辛な“和の味わい”を楽しむことができるという。

 一方の「U.F.O. だし醤油きつね焼そば」は、「U.F.O.」ならではのコシのある中太ストレート麺に「どん兵衛」らしいカツオだしの風味を効かせただし醤油つゆが絡んだ、旨味豊かな「U.F.O.」だという。カツオだしの風味と七味が香る“どん兵衛マヨ”で仕上げれば、和風なのにコク深い味わいを堪能できるという。

 SNSには早くも「めっちゃ美味そう」「UFOのソースで作った汁なしどん兵衛くいて~~~」「UFOの方は食いたい」「興味はあるんやけど、冒険ようせえへんねんな(笑)結局、普通のUFO、普通のどん兵衛買ってまうねんなー」「入れ替えなくてもいいってw」などと、ポジティブからネガティブまでさまざまな声が集まっている。

 書き込みの中でも割と多かったのが、「これ絶対間違って買っちゃいそう」「お年寄りの方とか間違えて買いそう!」などと混乱を予想する意見。パッケージのデザイン自体はオリジナルとそれほど違いがないため、「何件か苦情きそう」と予測する人もいる。

 ほかにも「これはどん兵衛が無くなって、UFOが残る予感?」と販売数で“どん兵衛有利”と見る人や、「どん兵衛とUFOって同じ会社だったのか」と驚く人も。

 最近では今年4月に東洋水産が、お揚げが入った「赤いきつねうどん」と、天ぷら入りの「緑のたぬき天そば」の具材を入れ替えたユニークな商品で話題を提供したばかりとあり、「赤いたぬきと緑のきつねは最高だったけど、これはどうなんだ?」と引き合いに出すユーザーも。ほかにも「よし『きのこの里』『たけのこの山』を出しましょう明治さん」との提案や、「なんか日清がペヤングのまるか食品化していってる感w」と、すっかり変わり種の派生商品が定着したペヤングシリーズを連想するネット民もいるようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング