空疎な日本の「トランプ論」

Japan In-depth / 2019年7月10日 18時0分

空疎な日本の「トランプ論」


古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)


「古森義久の内外透視 」


 


 


 


【まとめ】


・日本メディアのトランプ論と米国民の評価のギャップ。


・「トランプ評論家」は気楽な稼業。


・独断と偏見で「トランプ大統領の頭の中」を断じる元外交官。


 


【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depth https://japan-indepth.jp/?p=46778 のサイトでお読み下さい。】


 


日本のメディアでのトランプ論はまさに花盛りのようだ。トランプ論というよりもトランプ叩きと呼んだ方が正確だろう。アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領を指して「無知」「無能」「なにもわかっていない」「頭の中にあるのは再選だけ」という断定がしきりなのだ。いったいなにを根拠にここまでの絶対のネガティブ断定ができるのだろうか。それほどダメな人間が世界一の超大国の大統領をなぜ勤め続けていられるのか。


 


実際にアメリカにトランプ政権の誕生以前から居住して、首都ワシントンに拠点をおき、トランプ大統領をめぐる動きを一貫して追ってきた私としてはいまの日本のいわゆるアメリカ通とか識者とか外交評論家とされる人たちの言説にはとまどわされる。アメリカでの現実とはあまりに異なるからだ。


 


トランプ氏はかりにもアメリカ国民の多数派によって民主的に選ばれた大統領である。国家元首である。しかも就任から2年半、国民の支持率は一貫して40%台後半を保つ、アメリカ国民の半数近くがトランプ大統領を支持し続けるのだ。となると、アメリカ国民とはそれほど愚かな人々なのか、という疑問が起きる。日本側で断じられるほど、無知で無能力の人物を支持し続ける、ということになるからだ。



写真)ホワイトハウスでのローズガーデンイベント


出典)Official White House Photo by Stephanie Chasez


 


そんな疑問を感じていたら、この種の懐疑は決して私だけではないと思わされる一文を目にして、ほっとした。産経新聞7月5日朝刊に掲載されたコラム記事である。短い記事だが、問題の核心をまさにずばりと衝いていた。筆者の黒瀬悦成記者は産経新聞のワシントン支局長、アメリカやワシントンの駐在が通算10年以上に及ぶベテランのアメリカ・ウォッチャーである。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング