金正恩が罵倒 文大統領演説

Japan In-depth / 2019年8月19日 18時0分

金正恩が罵倒 文大統領演説


朴斗鎮(コリア国際研究所所長)


【まとめ】


・光復節演説で文大統領は「解放」に触れるも「建国」に触れず。


・異質な反日歴史観で「南北統一により日本を越す」と幻想演説。


・ 北朝鮮は演説を痛烈に罵倒し、ミサイル発射。金正恩の狙いとは。


 


【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=47488でお読みください。】


 


韓国は8月15日、日本植民地からの解放74周年を迎えた。ソウル都心で保守と左派従北団体がおのおの「光復節集会」を開いた。保守団体は3ヶ所で「太極旗連合集会」を開き「文在寅打倒」のスローガンを叫んだ(主催者側発表20万人)。夜になって開かれた左派従北集会(主催者側発表10万人)では「自由韓国党解体」「南北共同宣言の履行」「NO安倍」などのスローガンが掲げられた。



▲写真 保守団体の「光復節」集会(2019年8月15日ソウル市)出典:自由日報


「光復」という言葉は、植民地からの解放を意味するだけではない。主権の回復をも含むものだ。韓国の主権と領土が回復されたのは、米占領軍の軍政後、国連監視下での国会議員選挙(1948年5月10日)を経て1948年8月15日に「大韓民国」が建国されてからだ。したがって「光復節」はこれまで1945年の解放と1948年の建国両方の8月15日を記念する日として祝ってきたのである。


ところが、記念式典(天安=チョンアン独立記念館)での文在寅大統領演説では、日本の敗戦で得た「解放」には言及したが、「大韓民国建国」については一言も触れなかった。文大統領はこの建国を「親日派集団」による建国であると見ているために意図的に言及しなかったとみられる。この歴史観こそが文大統領を「金正恩第一主義」に走らせ、反日に向かわせる根となっている。したがって文政権下の「反日」を保守政権下の「反日」と同じ次元で捉え対処すれば大きな間違いを犯すことになる。


典型的な「賊反荷杖」(チョッパンハジャン)演説


文大統領が「金正恩第一主義」に凝り固まり、友好国の日本を敵のように見做すというこれまでとは「異質」な「反日」に走るのは、国益重視の外交とはなんの関係もない。それは「光復節」の演説で韓国建国を無視した「歴史観」と関係している。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング